2014.08.25 竜飛太宰道
昨日のウオークで竜飛岬到着後、

灯台から駐車場を挟んだ反対側には、“太宰の道”と標された橋があります。
太宰道_600
橋の先は陸海軍の竜飛崎砲台の跡地らしく、それらが標された案内表示もあります。
竜飛崎砲台跡の立派な標柱もありましたが、画像撮り漏れです。

小説津軽でNくんと竜飛を訪ね、竜飛には太宰のゆかりの後も残されていますが、
以前の竜飛の投稿はこちらです

道はその時に太宰が歩いた道なのか・・・・。
小説津軽では太宰が灯台まで登ったことは書かれていないようで、
太宰が津軽を旅したのは昭和19年ということですから、既に灯台は点灯していたわけです。
しかし、当時の状況から歩ける訳が無いですね。

陸海軍の竜飛崎砲台跡地は、
龍飛を訪れた吉田松陰、大町桂月など文人の文学碑や詩碑を建立して、
文学の散策道としたようです。


そして、今朝岩木山は麓が望めました。
岩木山8-25_600
Secret

TrackBackURL
→http://akatarou.jp/tb.php/2507-5c0e3e40