早朝、弘前駅前出発。
大鰐W (1)_600
目指すは、石川を経由して大鰐です。

市内を抜け、
清水森辺りになると、民家の大きな蔵が目立ちます。
大鰐W (2)_600
りんごも袋姿の時期のようです。
大鰐W (4)_600

目標となる方角は弘南鉄道に沿うこと。
大鰐W (3)_600
石川で道を尋ねに寄って、塩大福。
大鰐W (7)_600
やっぱり見落として通り過ぎていました。
それにしても、ウオークの疲れに塩がとても美味しです。

駅近くで訪ねた町内会の方に、大仏公園で“あじさいまつり”が催されると聞き、
せっかくですからその方に従って公園へ
あじさいは、20品種で2500本が咲いているらしい。
大仏公園 (3)_600
三十三の観音様も巡って、
大仏公園 (5)_600
展望からの眺めも結構で、目標の大鰐も望めました。
大仏公園 (4)_600
午後はジャズのコンサートもあったようです。

ウォークの目的である“八幡様の鬼子”。
以前いち度、車で訪ねていますが、場所が不安だったのですが、
大仏公園へ折れる100m先と聞いてホッと。
石川八幡鬼子 (2)_600
津軽の鳥居の鬼コで最も南にある鬼です。
石川八幡鬼子 (3)_600
この表情は、鬼コの中でも印象的でした。

なぜ、点在する鬼の位置から見れば、少し離れた山手に居るのが気になるところでしたが、
今日歩いてみれば、平川が近いことで納得かも。
後日改めで書き込みましょう。

そして、平川土手を上流へ。
ひたすら歩く。
大鰐W (8)_600
大鰐駅、このワニをバックに記念写真を撮っていた旅館の送迎の方、
合図が「おおわニン」でした。
大鰐W (9)_600
せっかくですから、“おおわにモヤシ”は、
駅前の山崎食堂へ立ち寄り。
山崎食堂 (1)_600
ラーメンとは別に、“おおわにラーメン”があります。
山崎食堂 (2)_600
煮干だしが強く利いたチヂレ細麺と、乗っかったモヤシがともに旨く、2つ旨いのですが、
しっかりとバランスが取れて、麺にもやしが絡んでも邪魔に感じません。
山崎食堂 (3)_600
食べ終わる前に、店の方3人に「これ旨いです。」と言ったほど旨く食べれました。
モヤシにきざんだ油揚げが入っていたのが何ともうれしい。
かなりお勧めです。

そして、大日様へ
大鰐W (10)_600
仏像が国宝であり、重要文化財ですからね。
大鰐W (12)_600

そして、せっかくの大鰐ですから、もちろん温泉。
温泉タンクが気になってしまいます。
大鰐W (14)_600
タンク近くの共同浴場“青柳会館”200円
青柳会館 (4)_600
源泉泉温68度。
青柳会館 (3)_600
最初熱く感じましたが、入ってしまえば丁度の具合。
さすが綺麗なお湯です。
青柳会館 (1)_600
財産区が管理しているそうで、ここの源泉は以前は川に吹き出ていたらしい。
200円で休憩場使用込みだそうです。

受付の母さんが勧めるので、茶臼公園へ。
大鰐W (15)_600
ツツジの時期がいいようですが、眺めもまた良しですね。
大鰐W (16)_600

そして、せっかくの大鰐ですから、スキー場へ登ります。
大鰐W (17)_600
大鰐山荘は閉じています。
子供のころ年にいちど決まって家族で来ていたのがここのスキー場でしたね。

そしてさらに登ると、ジャンプ台です。
大鰐W (18)_600
更に登り、ひたすら歩いて、
途中、水が冷たくてうまかった。ゴクゴクいき過ぎの程飲んで、
大鰐W (19)_600
ぶなの雑木林も
大鰐W (20)_600
ひたすら登り、歩く。

ついに頂上のロイヤルホテル。
大鰐W (21)_600
岩木山は雲がかかっていましたがかなりの眺めです。
大鰐W (24)_600
アップルパイは、空港と同じようなので、
シャトル待ちは、また温泉へ。
大鰐W (22)_600
いちおう温泉のようです。表示を見れば泉温はかなり低く10度台を加熱のようです。
麓の大鰐温泉が泉温なんと68度ですから、比べたら物足りなくなるのは当然ですが、
だけどこの山頂で温泉ですからうれしいですね。

そして、ロイヤルのシャトルと弘南鉄道で
大鰐W (26)_600
弘前に帰りとなります。
大鰐W (27)_600

GPSの結果、
歩行距離 32.5kmとなっています。
大鰐WGPS (4)_600


そして、今朝の岩木山です。
岩木山7-20_600

Secret

TrackBackURL
→http://akatarou.jp/tb.php/2471-7adbde2e