鳥居の鬼っこの15回目。“鬼巡りその①”で立ち寄った鬼から、
板柳常海橋の八幡宮です。 
板柳常海橋八幡宮_600
ここは二の鳥居に鬼が居ます。
板柳常海橋八幡宮 (1)_600

ここの神社、管理も含め全てがなかなか立派で、とにかく大銀杏2本が迫力あります。
板柳常海橋八幡宮 (6)_600
大銀杏のこぶは子宝の願い祈願するこぶでしょうね。

鬼もふたつですね。
二の鳥居に長髪で金棒を手にし座り込んだ赤鬼。
木製で角二本の白ふんどしと細かに仕上がっています。こちらは後に作った鬼。
板柳常海橋八幡宮 (2)_600
背中に刻まれた文字は高い位置で確認で出来ませんが、2007年に置かれた様です。
板柳常海橋八幡宮 (3)_600

昔の鬼も拝殿の扉の上に居ます。
板柳常海橋八幡宮 (4)_600

どちらも木製で、加藤氏の分類によると“強力型”となります。
昔の鬼について分類は示されていませんが、こちらも“強力型”となるのでは・・・・・。


そして、今日は夕方の岩木山です。
岩木山8-1_600
Secret

TrackBackURL
→http://akatarou.jp/tb.php/2113-4402a038