弘前の桜はつぼみが膨らんで、少し離れても緑色が気になる程になっていました。

弘前アップルパイの28回目は、
弘前アップルパイ_300_200
“ル・シュクル”です。
ル・シュクル500

ケーキとパンのお店で、アップルパイはパンのスペースに置かれています。
一見、パン生地のような仕上がりに、「パン生地ですか?」と訪ねてしまったら、「パイ生地です。」としっかり返答されました。失礼。
ル・シュクル500 (1)

りんごの実を連想したかたちで、半分に割ったりんごが形をそのままに仕込まれて中に潜んでいて、シャキシャキで齧ると果汁がこぼれるほどです。
シナモンが程よい具合に利いて、酸味も強く強調しない、甘さも強く邪魔しない、とにかくシャキシャキ感が堪れなく好感でりんごの味を残しています。
パイ生地は、外側がパリッとですが、内側でしなやかなねばりを感じます。
ル・シュクル500 (2)
2つ、4つとカットしても、中のりんごが見栄えするので子供たちと分けても自然的でしたね。

“ル・シュクル”ならではのアップルパイで、お店もお店の方の印象も良しなんです。


そして、夕方の岩木山です。
岩木山4-10_500
Secret

TrackBackURL
→http://akatarou.jp/tb.php/1994-4fd0f5c8