2013.02.28 しもばしら
青森ついでに“しもばしら”へGO。

木曜定休と思っていましたが、勘違いを願って・・・。
しもばしら_500
看板に灯りが付いています。
どうやら、木曜定休ですが諸事情により開けたらしいです。
その理由が素敵なんですね。

随分と久しぶりです。奥さんには髪形が変わったと思われたほどに久しぶりの訪ねとなりますね。

県外からの出張らしきふたりの天せいろに惑わされずに「せいろとおかわり」注文。
しもばしら (1)_500
もちろん、タイミング良い時間差で出てきます。
しもばしら (2)_500

そして“田舎”せいろ。
しもばしら (3)_500

“しもばしら”、以前と変わらずの一切妥協無しの仕事が伝わりますね。
絶品の蕎麦です。
店を訪ねないと分かりませんから。説明しようが無い。

茨城産の玄蕎麦は産地にこだわった訳ではなく、蕎麦の出来という信山さんです。
店主信山さんには以前にいろいろと蕎麦を御教授いただいたことがあります。
お話ししていると時間がたつのが早い方です。
以前もお聞きしたことがあったのですが、蕎麦を仕事にしたことなど少し深くお聞きしましたよ。
名店“竹やぶ”仕込みと紹介されることも多いようですが、それは出発点で、更に蕎麦への思いは“しもばしら”仕込みの蕎麦と言ってよいでしょう。今では全国版の名店人気店で紹介されているほどですから。

平泉の伊東さんと縁がある方で、私はそのつながりとなるわけですが、もちろん“地水庵”のお話になり、伊東さんの元気さを確認できました。

イヤー、平泉に行きたいですね。
そして、夜話的に......、移転前の古川の店は実家だそうで、蕎麦屋ではなく焼き鳥屋のせがれだったそうな。


今朝、岩木山は望めませんでした。

Secret

TrackBackURL
→http://akatarou.jp/tb.php/1949-fb7f2589