地吹雪体験へ、恩師のガイドに同行となります。助手ですね、今後のために勉強です。

芦野公園駅で参加者の到着を待ち。上りがストーブ車両連結でした。
地吹雪ツアー_500
東京からの参加者は友達3人、数年前から気になっていた地吹雪体験だそうです。
ここでもんぺ姿に。
地吹雪ツアー (1)_500
かんじきを装着。もちろん履き方を知っている訳はありません。
ノルディックウオークの専門資格“ウォーキングライフマイスター”のガイドが付くところが価値有りでしょう。
青森放送の取材も同行でした。
地吹雪ツアー (2)_500
今日のツアーは、短い距離ではありますがスノーウオークも入った地吹雪体験で、雪を存分に体験できますね。
かんじきを履いて芦野公園を散策しながら地吹雪が最も厳しい藤枝地区へ。
地吹雪ツアー (3)_500
ここで角巻きを羽織りしばらく雪満喫。
時折地吹雪が現れますがやさしい吹雪、雪に仰向けに倒れたりする笑顔は楽しさがあふれていましたね。
地吹雪ツアー (5)_500
良き思い出になったことでょう。
地吹雪ツアー (6)_500

そして、金木小学校グランドで行われる、“奥津軽百人角巻夢舞台”へ向かいます。

今年の地吹雪体験ツアーも大詰めのようです。
“風土を活かした町おこし”として25年が経過、元気倶楽部などの頑張りもあって誘致の環境も整ってきたように感じます。
今日東京から来られた3人組みの20代の女性は「もっと厳しい吹雪を体験したかった」と言っている様に、ストーブ列車から五能線経由で夕方の新幹線で東京へ帰るフリーツアーのようですが、ネット情報などの影響も有ってか時間の組み立てにも不安無く来ることが出来るようです。
迎える側に温かさがあれば、再び津軽に来ていただけることになると感じますね。


で、今日午後の岩木山です。
岩木山2-17_500


Secret

TrackBackURL
→http://akatarou.jp/tb.php/1938-f2d858a3