2012.11.21 算数ドリル
今朝は積雪で、車に積もった雪がガラスに凍りつく寒さでした。
観測地最低気温が-0.2℃となっています。
11.21雪_500

息子の算数、筆算ドリルの暗算解きの手伝いです。
筆算ドリル_500
いくら小学2年の勉強とはいえ、「えっ」とばかりに戸惑うことがあります。
3つの数字を使った文章から式を作って答えを出すという問題、隠れた数字を探すわけですが、
「きのう チューリップが 40本 さいていました。 けさ みると あたらしく
15本 さいていましたが、 きのう さいていた チューリップのうち 9本は
しぼんで いました。 いま チューリップは なん本 さいていますか。」
15+(40-9)=46、46本でも良いんでしょうかね。

そして、「ちゅう車じょうに 車が 63だい とまっています。 そのうち 12だい
でていきましたが、 べつの車が なんだいか 入ってきて、 いまは 58だい
とまっています。 とちゅうで 入ってきた 車は なんだいですか。」
これは、58-(63-12)=7台でいいのでしょうかね。

さて、式を作るとなると息子が理解してもらうのが面倒。
3つ以上の数字計算の時に()を使うと計算は優先順位が変わり、+の計算では()があってもなくても答えは同じですが-が入った計算では()を付けると答えが変わることと、式の数字の順序というか式の組み立てについて、息子に上手く伝わりませんね。

式の作り方としては、簡単な例えだと、
「あなたは500円持っています。200円の物を買いました。
次に100円の物を買いました残金はいくらか」
式に現せば 500-200-100=200円です。
では、200円の物と100円の物を一緒に買ったらどうなるか。
買い物内容は同じでも、式だとこう現わすのでは・・。
500-(200+100)=200円。
さらに、200円の物を買おうと思ったら、100円キャッシュバックされた。とかとか、考えれば式は幾通りでもいいのかなと思いますね。

考えちゃうと、結構難しくしてしまいます。
また、デシリットルなんて単位も、小学校で習ったから単位の大きさが分かりますが、普段というか今まで使ったことのない無い単位ですね。ペットボトル5㎗サイズなんて使いませんし。それと、四角形の“頂点”という言葉が出ませんでしたね。いやたいへん。


そして、今日は夕方の岩木山です。
岩木山11.21_500



Secret

TrackBackURL
→http://akatarou.jp/tb.php/1844-9ae7acf1