2016.10.19 中野もみじ山
既にライトアップも始まっている中野もみじ山、
見頃は少し早いようですが、それでもこの彩り。
朝刊でライトアップの様子が報じられていました。
中野もみじ山 (3)_500
滝の流れも良しで、
中野もみじ山 (1)_500
赤、黄、緑のコントラストも始まっていました。
中野もみじ山 (4)_500

観楓台までは行きませんでしたが、中野神社へ。
中野もみじ山 (5)_500
狛鶏はここでしか見たことないと思います。
中野もみじ山 (6)_500
500年杉は触ると柔らかくて毛のような幹肌で、
中野神社は規模は大きくはないのですが、気になるものが多いです。
中野もみじ山 (7)_500

名木“中野もみじ”はまだまだこれからですね。
中野もみじ山 (8)_500

土日だと並ぶこともある栗お焼き。
中野もみじ山 (9)_500


そして、今朝の岩木山です。
岩木山10-19_500





弘前通いに眺める岩木山、
岩木山スナップ10-18 (1)_500

この位置からも中服の紅葉がわかります。
岩木山スナップ10-18 (4)_500

この眺めの場所、
1コインランチ立ち寄りはオーブン亭でした。
オーブン亭 (1)
一年中食べられても、なんでかきのこがとてもうまいです。

フリードリンクに更に、
オーブン亭 (2)
今日も2コインとなって今いました。


そして、今朝定位置からの岩木山です。
岩木山10-18-2_600

弘前アップルパイの119回目は、またまたガイドマップ上の番外編となります。

青森アスバム前の“MontdOr” モンドールは人気店らしい。
ショソン・オ・ポムです。
モンドールパイ (3)_500
細かく角切りにされたリンゴを煮は甘みが優しいのが特徴で、パイ生地サクサクです。
お店は値段が高い印象ですが、アップルパイは250円と高くはないですね。
酸味は少なく、シナモンは使っていないと思います。
生地がとても好感です。


そして、今朝の岩木山です。
岩木山10-17 _500



鶴田社協ノルディックは、
津軽富士見湖でのウオークとなりました。
定期的に郊外に出てのウオークを行っているようです。

鶴の舞橋がコース上、
岩木山と重なるこの角度がいちばんの舞橋のながめと思います。
鶴田ノルディック (2)_500
富士見湖パークの結構な広さと多彩な施設をあらためて確認、
鶴田ノルディック (3)_500
階段を登ったら観音様広場。
鶴田ノルディック (4)_500
もちろん鶴の舞橋を渡り、
鶴田ノルディック (6)_500
今日の天気だと、展望所からの眺めもしばらく続きます。
鶴田ノルディック (5)_500
水面に点在するのは相当数の水鳥、半端ではない数でした。
鶴田ノルディック (7)_500
ここの堤防の遊歩道も橋同様に眺めがまた醍醐味。
鶴田ノルディック (8)_500

GPSの結果、
歩行距離 3.81km
実歩行時間 0:54 となります。
GPS鶴田10-16 (1)_500



早朝から、
ついでのせっかくウオークでした。

平地の紅葉はまだかと思っていましたが、所々の見応えに満足です。
廻堰歩き (1)_500

りんご園の赤がまた秋を感じさせてくれて、
早朝から園地は忙しそうな姿が見えます。
廻堰歩き (3)_500
妙堂崎の八幡様、
廻堰歩き (4)_500
鳥居ひとつひとつ、
また数種の巨木に神社の歴史を感じさせてくれます。
廻堰歩き (5)_500
近くの民家に有るモミの木、
廻堰歩き (7)_500
塀の中ですからなおさら大きさに迫力を感じます。
廻堰歩き (6)_500
この地域の農家はりんごと稲作のようで、
収穫前カラカラに乾いた転作大豆と岩木山ですね。
廻堰歩き (8)_500

GPSの距離、8.8km となっております。
GPS廻堰_500



そして、今朝の岩木山です。
岩木山10-16_500
外ヶ浜最初の行事となる ~神秘の沼、さい沼を目指して~ は、
県連盟のキムラさん企画です。
さい沼トレッキング_400
さい沼は平舘袴腰岳と登山道でも結ばれてもあり、
東北自然歩道上のコースともなります。
さい沼トレッキング2016-10-15 (1)_500
地元では親しまれている、小学校の遠足だった道だとのこと。
以前、袴腰岳の登山ルートを下見した際にとても気になった沼ですから、
今回はとても楽しみでありました。そして紅葉シーズンですからね。

津軽半島最高峰丸屋形岳は標高718m、
そのふもとに有るのが“さい沼”も標高500mほど、
紅葉の見頃にはまだ早いのですが魅力的なトレッキングです。
さい沼トレッキング2016-10-15 (18)_500
さい沼の滝は唯一の滝だそうです。
滝には癒されます。
さい沼トレッキング2016-10-15 (28)_500
それでも所々は紅葉も始まっております。
さい沼トレッキング2016-10-15 (34)_500
陸奥湾展望所は下北半島まで眺められますが、
杉が5本ほど邪魔しています。
さい沼トレッキング2016-10-15 (38)_500
奇妙で少しグロテスクなのは、キノコ。
さい沼トレッキング2016-10-15 (46)_500

ブナの雑木林と笹薮から少し入ると、
“さい沼”
さい沼トレッキング2016-10-15 (47)_500 

ほとりには龍神様が祀られたお堂があり、
冬期には御神体は麓に下ろされるそうです。
さい沼トレッキング2016-10-15 (56)_500
お堂横のブナも立派な巨木でした。

帰路は折り返しとなりましたが下り坂に充分気を付けて、
収穫を終えた蕎麦畑の向こうの陸奥湾、更に下北半島は仏ケ浦。
さい沼トレッキング2016-10-15 (59)_500
焼き干しとホタテが知られる漁師町ならではの光景。
何だか手入れしていました。
さい沼トレッキング2016-10-15 (60)_500

そして、無事に出発地の湯ノ沢温泉に帰って完歩となります。
ナトリウム塩化物泉のお風呂は塩が充分効きます。

さして今日の楽しみでもある食事は、
ペンションだいばのお弁当、
さい沼トレッキング2016-10-15 (61)_500
カモメニンジンが添えられるホタテ照煮。
さい沼トレッキング2016-10-15 (67)_500
ペンションだいばの有名メニューは
イカメンチハンバーグですが、ホタテ入りでした。
さい沼トレッキング2016-10-15 (71)_500
ホッケ、わかめ、みょうがなど地場産存分メニューに満足となります。

GPSの結果、
歩行距離 11.1km
実歩行時間 3:14 となっております。
GPSさい沼_500

木村さんメモの
~さい沼はこんなトコロ~引用
さい沼を含む丸屋形岳、鳴川岳一帯153ヘクタールは
昭和53年に県自然環境保護地域に指定されました。
周囲にブナの原生林が残り、モリアオガエルなどの貴重な動植物が生息しています。
沼の西側には、外ヶ浜町平舘野田地区の守り神である竜神様をまつったほこらがあり、
地域住民の信仰を集めています。


ついでの
せっかくウオークは朝でした。
陸奥湾と下北半島。
平舘歩き (1)_500 
松前街道の松並木、
平舘歩き (4)_500
結構な巨木
平舘歩き (3)_500
青空に白い灯台、
反対側から撮ればさらに青い海なのです。
平舘歩き (5)_500

GPS 6.8km となっています。
GPS平舘_500



そして、今朝の岩木山です。
岩木山10-15_500




平賀立ち寄りの農協直売所。
毎年お世話になっている広船の工藤さんのりんごを直売所で購入。
トキと昂林が置かれていました。
広船2016 (1)_500
広船りんごの“トキ”購入、期待どおり美味しです。
広船2016 (3)_500

早生ふじの手籠売りも人気のようでした。
広船2016 (2)_300


そして、今朝の岩木山です。
岩木山10-14 (3)_500



8日のNordic Walk Life Project主催の講演会、

“カラダを良くする歩き方、悪くする歩き方” は私にはとても貴重な講演会となりました。
10-8講演会_300

講師先生の木津直昭先生と東大病院の稲島司先生はとても仲がよろしいかったです。
それは反省会で感じ、2次会での息の合ったカラオケはみんなが楽しくなるものでした。

木津直昭先生は、お世話になっているマヤマ氏の恩師先生。
マヤマさんの成長を認めていますね。よかったです。

私は事前に著書「血管を強くする歩き方」は読み、準備を整えての出席でしたから、話してくれる内容もうまく自分のものとして聞くことが出来たと思います。
木津先生は“正しい姿勢で早く歩く”で書かれたことの大切な部分を抜き、そして、実際にどう歩くか、歩く方法を教え下さりました。
骨盤の四方の位置が大切なこととパワーハウス筋をしっかり整えることはとても重要なことです。
私自信の歩きにも必要なことで、正しい姿勢で速く歩く習慣を持つことが大切です。
私は昨年11月から骨盤矯正に通っていますから。木津先生のお話しはしっかりと聞き容れれます。

正しい歩き方は健康づくりにおいての理想な歩き方で、それは“美しい歩き方”でも有るという木津先生。
ひとつ課題として残ったこともあります。
早く歩くこととパワーハウス筋の筋力を上げるためには、体のねじり、つまりは骨盤の動きが必要でもあると考えます。競歩選手が体をねじるようにです。
私の中では、美しい歩き方と体の力を整える歩き方に速度を付けることを加えればなおさら体のねじりは必要になると思うからです。

稲島先生は血管の話の後、
一般的に広まっている情報を、科学的根拠と発表されてある論文からの整理、つまり間違ってある教えについて話されました。
印象的なのは、ヨーグルトとか、野菜のことですね。
水、お茶、コーヒーのこと、スポーツドリンク不用論、
りんごがガンに効果があることの医学的説明、水道水とミネラルウオーター、
興味のある話が連発されました。
10分に一度笑いを取ります。もっと利きたいお話をお持ちな筈です。

ウォーキングをしている方やこれから始めようとしている方みんなに知って欲しいお話で、とても素晴らしい講演会でした。
次も開催してほしいと願うのは、両先生が素敵で楽しい方であるからでしょうね。

まず、これが入門となりますね。
木津直昭, 稲島司_300


そして、今朝の岩木山です。
岩木山10-13_500

2016.10.12 昼蕎麦一茶
観測地今日も最低気温は10度を下回りました。
5日ぶりの昼蕎麦の一茶庵は、今季最初の温かい蕎麦となりました。
昼蕎麦 (1)_500
そして、いつものようにフクロウさんにごちそうさまです。
昼蕎麦 (2)_500

家族経営の一茶ですが、今日からひとり戦力増でお店の雰囲気もアップ、
出前のスーパーカブ号の新車も増えましたね。
頑張って。


そして、今朝の岩木山です。
岩木山10-12_500

弘前通いの立ち寄り、
1コインランチはまたまた2コインとなってしまいますが、
ワンコイン9-27 (1)_500_300
“ひがしやま”です。
東山 (2)_500
カルビ、牛タン、えびとイカ、鶏に野菜、
そして冷麺、ごはん、サラダのボリュームは充分で、ドリンクも付きます。
東山 (3)_500
痛風持ちなのに昼から焼肉ですね。


そして、今朝の岩木山です。
岩木山10-11_500

体育の日、大鰐へGO
途中、岩木山頂上付近が白いのに気づき、岩木山初冠雪は、平年より11日も早いそうです。
初冠雪10-10 (1)_500


阿闍羅一周ウォーク、例年20km・10kmのコース設定で、
今年8回目となるようですが、私は初参加です。
熊の出没騒ぎで急遽コース変更となりました。
折り返しコースとなります。
あじゃら1周_400

大鰐町地域交流センター鰐comeで出発式、
あじゃら2016 (1)_500
ウオーミングアップも子供たちの参加が多くて元気を感じます。
あじゃら2016 (2)_300
スキーの盛んな大鰐の子供たちはポールの使い方も慣れています。
あじゃら2016 (3)_500
阿闍羅山の裏手になります木工所のような施設、
あじゃら2016 (4)_500
ひばの国という木工体験も出来る交流施設だそうです。
あじゃら2016 (5)_500
折り返しが島田という集落の施設で、
あじゃら2016 (8)_300
温泉施設です。
入れませんでしたが、
無色透明無臭の綺麗なお湯でした。
あじゃら2016 (7)_350
天気にも恵まれて無事ゴール。

豚汁とおにぎりと、
あじゃら2016 (9)_500
そして、鰐comeの温泉付きでした。

GPSウオークの結果
歩行距離 14.76 km
となっております。
GPSあじゃら2016 (1)_500

とにかく中学小学の子供たちが、ポールに馴染んでいるのに感心しました。
スキーは名選手が多く育っていますし、陸上競技の活躍にも納得ですかね。


終了後に少し歩きは、
茶臼山へひと歩き。
茶臼10-10 (1)_500
秋の眺めが始まっているように感じます。
茶臼10-10 (2)_500
津軽百年食堂のひとつ“いこい食堂”立ち寄り。
でしたが、目当てのもやしラーメンが品切れでした残念、
普通のラーメンとします。
茶臼10-10 (3)_500
GPSの結果です。まあ、距離カウント無しですね。
GPSあじゃら2016 (2)_500



そして、今朝定位置からのの岩木山です。
岩木山10-10_500
夏泊半島ブルーロードノルディックは、
第3回となります“ブルーロードライド”へ
ブルーロードライド_400_300
スタート時は絶好の日和、
サイクルからスタート。
ブルーロードライド2016 (9)_500
ノルディックのスタートは椿山。
ブルーロードライド2016 (17)_500

津軽藩と南部藩との境目であり、
ツバキ自生北限の地の椿山伝説は悲しい伝説でした。
ブルーロードライド2016 (20)_500
はじめての参加者や研究のため青森在住の鹿児島大学の学生も参加。
ブルーロードライド2016 (21)_500
小学校のスキー教室でお世話になった野辺地のカミハラコ氏、
こんな自転車での競技参加。
津軽でいうと「モツケだな」となりますかね。
完走です。ゴールでホタテを食べていました。
ブルーロードライド2016 (25)_500
休息選択、トマトは平内産でとても甘しです。
ブルーロードライド2016 (26)_500
このイベントの醍醐味、
サイクルとランとの激励と参加意識。
ブルーロードライド2016 (37)_500
ここでも激励。
登りはサイクルの踏ん張りどころ。
ブルーロードライド2016 (42)_500

途中、雨と風に叩かれながらも無事ゴール。
一緒にゴールした学生は、
鹿児島大学の都内の大学からの研修生だそうです。
浅虫海洋生物学教育研究センターかな?

夏泊半島活性化のスポーツイベントは行政の協力も目立って、
ふれあい、健康増進、スポーツレクレーションは楽しい。
このイベントのうれしいのが食べ物。

ホタテ、バラ焼き、ごはんになぜかハンバーガー、
ブルーロードライド2016 (58)_500
せんべい汁もです。
ブルーロードライド2016 (59)_500
途中でもバナナ、鯨餅、ドリンクと豊富でした。

そして、GPSウオークの結果
歩行距離 15.44km
となっております。
GPSブルーロード2016_500


そして、今日日中の岩木山です。
岩木山10-9-2 (1)_500





朝、鶴田社協のノルディックウオークを終えて、
青森保健大学へGO

Nordic Walk Life Project主催、
講演会“カラダを良くする歩き方、悪くする歩き方”
10-8講演会_300

講師はいつもお世話になっているマヤマ氏の恩師?
木津直昭先生(KIZUカイロプラクティック代表)
そして、稲島司先生(東京大学付属病院 循環器内科医)の講演です。
プロジェクト講演 (7)_500

事前に著書「血管を強くする歩き方」は読み、準備を整えての出席、
今日のお話はしっかり自分にも役立てたいと思っていますから、とても楽しみにしていました。
プロジェクト講演 (5)_300

“正しい姿勢で早く歩く”
木津先生が筋肉と骨格の構造から理想的な姿勢や歩き方のお話、実際に正しい姿勢での歩き方を学び、
プロジェクト講演 (9)_500

稲島先生が、
血管、健康の為の食事の話など関心のある話が続き、
プロジェクト講演 (23)_500
とても素晴らしい講演でした。

終了後、反省会にも参加させていただきました。
とても感謝。
それにしても両先生は楽しいし、仲もよろしいです。
感謝、感謝。


そして、今朝岩木山は望めませんでした。