2013.12.31 2013大晦日
今年も今日で締め、昨年の今日は散々な一年でしたと書き込みましたが、今年も同じですね。まったくですが。

2013年の今年の漢字は“輪”が選ばれましたが、
輪_400
今、我が家ではまさに家族の輪で保っているわけです。

今年はバリから帰国中の妹も加わった年越し、そして3週間病と闘った母も外泊となりました。
良く頑張ってくれています。
こんな年だからこそ少し頑張って準備しました。
おせち (1)_600
刺身も良いですが、やはり料理ですね。
おせち_600
蟹ですが、娘と息子に驚いてほしい実はコンビ。
蟹1_600 (1)
とにかくデカイんです。
蟹1_600 (2)


新年の抱負を漢字1文字で表すと、“越”でしょうか。
どうにか越えないと潰れてしまいそうですから。


そして、今朝の岩木山です。
岩木山12-31_600
2013.12.30 ダイアリー2014
ウオーキング協会より、新年のダイアリーが届きました。
ダイアリー2014_600
会員章は今年も干支です。
ダイアリー2014 (1)_600


今朝、岩木山は望めませんでした。
歩こう会の会報が届きました。
第28号となります。
会報28-01_400 会報28-02_400
会報28-03_400 会報28-04_400
会報28-05_400 会報28-06_400
会報28-07_400 会報28-08_400
例により画像は小さくしています。


今朝、岩木山は望めませんでした。
弘前アップルパイの49回目は番外編で、
青森市の“ボンみすず”のアップルパイです。

とてもわかり難い場所ですが、位置的には県病から少し浅虫より。狭い路を更に折れて行きます。ナビ無しではたいへんかも。
ボンみすずパイ_600
パン屋さん情報で向かいましたが、ケーキもアップルパイもありました。
パンプキンパイで知られている店らしい。

アップルパイはホールも幾つか置いてあるので、こちらも看板商品かも。
ボンみすずパイ (2)_600
カットのアップルパイは220円。
ボンみすずパイ (1)_600

パイ生地バリッとして、りんご煮はスライスを厚く重ねシャキ感が特徴で、シナモンも結構利いています。
ボンみすずパイ (3)_600
りんご煮が青森ならではを感じる、重量感のあるアップルパイです。

パンコーナーにもアップルパイらしきも見つけ。
ボンみすずパイ (4)_600
こちらは素直にりんご煮をパイ生地で包んだパイ。
生地も好感で、とても素直な食べやすいパイです。


今朝、岩木山は望めませんでした。
2013.12.27 昼蕎麦納め
今年の昼蕎麦も、今日が最後となりました。
昼蕎麦_600
平日の定休日以外は、用事が無ければ必ずですね。
飽きないのが蕎麦なのですが、きちんとした仕事をしているから飽きないんですね。

今日もふくろうにご馳走様と、今年一年の感謝。
昼蕎麦 (1)_600


そして、今朝は微かに望めた岩木山です。
岩木山12-27_600
2013.12.26 絵りんご
絵の入ったりんご。
“寿”の文字は以前からよく見かけましたが、最近はいろいろな模様があります。
クリスマス用に仕上げた絵はサンタですね。
絵りんご_600
シールによる日焼けを利用して浮き出す訳ですから、キャラ、メッセージ、願いなどなんも出来ることとなります。
「これは面白い!」といった驚くアイデアも出来そうですが。販路につながるシールはなかなか見かけませんね。


そして、今朝の岩木山です。
岩木山12-26_600
“三内丸山遺跡”の映像を探しましましたが、これしか見つけられませんでした。
「まほろばへの道標(みちしるべ)」、
“はるか5500年前、この青森の地で1500年におよぶ定住生活が営まれていた”と紹介されています。
RAB企画が制作したもちろんすばらしい作品なのですが、更に探しても他にありませんね。
おばあちゃんのための購入でしたが、見応えありで子供たちにも見せようかと思う内容ある作品です。
三内ビデオ _600 (1)
送料代引き別の2千円でしたが、他に無いと思えば買いやすい価格ですね。


そして、今朝岩木山は望めませんでした。
日中積もった雪と、星空が輝く綺麗な夜となっています。

我が家も少しばかりのクリスマスイブ。
ローストチキンに息子がいきなり「コマネチ!」とポーズ。
ローストチキン_600
良く分かりますが・・・・・。

そして、ケーキは息子希望でチョコ、今年も“モンブラン神戸”、
急遽電話で在庫予約でGO、今年はチョコ仕様となりました。
ケーキ_600


今朝、岩木山は望めませんでした。
弘前アップルパイの48回目は県内大手のラグノオのアップルパイです。

お土産品などアップルパイも幾種類か販売しているラグノオですが、
“ふじとブラムリーのアップルパイ”は新発売のようです。
ラグノオパイ_600
酸味の効いた“ブラムリーズ・シードリング”という種の加工用青りんごのジャムと
角切りふじのシロップ漬けを併せたアップルパイです。
ラグノオパイ (1)_600
特徴のある酸味が売りのようで、ラグノオだから出来るであろうならではのパイでしょう。


今朝、岩木山は望めませんでした。
弘前アップルパイの47回目はイタリアントマトのアップルパイです。
若い頃、吉祥寺のイタトマは随分とお邪魔していましたので少し懐かしさをあじわうイタトロゴ。

青森通いでの立ち寄りですが弘前店も同じパイでしょうから、私にはガイドマップつぶしの部類。
“青森県産のりんご使用”です。
イタトマパイ_600
網目のパイタイプ、強くありませんがそれでもしっかりとりんごの酸味を感じ、りんごの下にスポンジ、底はパイ生地の層仕様です。全体にまとまりを感じるのはさすが全国チェーン。
イタトマパイ (1)_600
大きめで全てにボリューム感を感じます。コーヒーとともにしっかり食べるのが良いのかも。


今朝、岩木山は望めませんでした。
青森通いの寄り道、今日も浪打キーファルンバウム。
キーファルンアンデルセン1_600
午前ですから商品も揃っていました。
キーファルンアンデルセン1 (1)_600
午前の早い時間で“紅玉りんごのコペンハーゲナー”確保と思ったのですが、今日からクリスマス終わるまで“紅玉りんごのコペンハーゲナー”はお休みでした。せっかくの午前立ち寄りなのに。

ならば今日はシュークリーム。
キーファルンアンデルセン1 (2)_600
ドイツでの修行で学んだカスタードらしい。
キーファルンアンデルセン1 (3)_600
見た目よりふわふわのシューはしっとり感も優しい印象。
キーファルンアンデルセン1 (4)_600
そして、これがドイツ仕込み。
キーファルンアンデルセン1 (5)_600
旨みのある濃厚なクリームは、もちろん満足。


そして、今朝の岩木山です。
岩木山12-21_600
弘前アップルパイの46回目はまたまた番外編です。
青森帰りで遅い帰宅でしたが、システムキッチンにアップルパイ。
ユニバースパイ (1)_600
五所川原ユニバース内の直営ベーカリーのボン・グーのパイです。
ユニバースパイ_600
名の通り大きくて厚いです。
中のりんご煮も大きく厚く、カスタードが無難に入っています。
ユニバースパイ (3)_600
1個154円は買い得でしょうね。


そして、今朝岩木山は望めませんでした。