“世界一の桜並木道をノルディック・ウォーク”へ。
 桜ノルW_300
会場の湯段の岩木青少年スポーツセンターには130名ほどの参加者、恩師の姿も。
桜ウオーク (1)_600
弘前公園が5分咲ですから、山手のオオヤマ桜はまだまだなのが少し残念ですが。

12kmのコースは案内パンフによると、
《岩木青少年SC~ミズバショウ沼~湯段温泉郷~嶽きみ畑~羽黒温泉~嶽温泉郷~お山の
駅岩木さんぽ舘~地蔵茶屋~大町桂月文学碑~清水茶屋~世界一の桜並木記念碑~石坂洋
次郎文学碑~岩木山観光協会(昼食・津軽三味線ミニライブ)~嶽わさび~岩木山養蜂~岩木
山神社~高照神社(絵馬等)~<バスで移動>~岩木青少年SC》
となっています。

出発直後のセンター付近はまだ残雪の厚い壁。
桜ウオーク (3)_600
咲き始めのミズバショウ沼、
桜ウオーク (4)_600
桜並木はまだつぼみですが、開花するとパンフのような美しさを表現しますね。
桜ウオーク (5)_600
岩木山神社は、「いわきやまじんじゃ」の読みが正しいそうです。
桜ウオーク (7)_600
今日は“高照神社”の大絵馬についてガイドから説明がありました。
桜ウオーク (9)_600
形によって奉納者の格別があるようで、白馬の絵馬が最も古いもの等など皆さん真剣に聞かれていました。
私は2代信枚のぶひらと4代信政のぶまさが聞いてて相互しちゃいましたが、高照神社の縁は信政公でしょうね。

今日のウオークコースは、“世界一の桜並木道ウオークマップ”で紹介されている一部をコース設定したようです。
今日も寄り道が多かったのですが、このコースあらためて歩くと魅力の多さと大きさに気がつきます。
来週開催の津軽路ロマンツーデーでも一部設定されているコース上となりますね。
桜ウオーク_400


今朝、岩木山は望めませんでした。