2012.12.19 真冬日
寒い一日でした。
観測地最高気温が正午の-2.3℃、今冬最初の真冬日となりました。
最低気温が-5.3℃の吹雪の一日でしたね。
気象12-19_500

大判焼屋さんも気になるようになりました。
栗餡おやき_500
本店は浪岡のお店で70年の老舗らしい信平大判焼店。
2個購入で、
栗餡おやき (1)_500
栗餡は栗漉しの餡の中に、栗がごろごろ混じっていて、食感も良しです。
栗餡おやき (2)_500


今朝、岩木山は望めませんでした。
我家へのサンタからのプレゼントが早くも届きました。
靴の中に「今週の金曜日までにプレゼントお願い」とのメッセージ。
サンタ1_500
「サンタのプレゼント何時来るの、お父さん」と何度も聞かれるので、
「サンタにメールで頼んでおいた」
「サンタのアドレス知っているの」
「サンタ@だよ」
そして、希望通り到着。

娘が、
「リゾート買ったんだ。高かったでしょうお父さん。」
「お父さんじゃないよ、サンタだよ。」
「気が利くサンタだね。」

息子
「何でリモコンふたつなんだろう。」
「ん、気が利くサンタなんだよ。」
「あ、トナカイとやるからふたつなんだ。」
最近の息子は会話が面白くなってきた。

ということで、太鼓の達人の影響もあってか任天堂が希望通りのサンタのプレゼントとなりました。
サンタプレ (1)_500

私からのソフトと、早くも夢中にやっていますね。


今朝、岩木山は望めませんでした。
今日は弘前通いとなり、久しぶりのアップルパイ。
弘前アップルパイ_300_200


早稲田の“パティスリーフール”
パイフール_500
店内綺麗でおしゃれな感じ、並んだケーキがとても美しいです。色がいいんですね。

アップルパイは、“早稲田アップルパイ”のネーミング。
カットパイが品切れていたので、つい一本購入1200円。
パイフール (2)_500
ケースには「りんごとシナモンとラム酒がほんのり香るアップルパイ」と紹介されています。

ここのアップルパイは、スポンジが挟まっています。サクッといきますがスポンジが別食感でケーキ的な印象。
スポンジがしっかりしています。シロップもしっかり掛かってリンゴのシャキシャキ感も楽しめる何とも重厚感のある、お得感を感じるアップルパイです。
パイフール (3)_500
種類豊富なケーキ屋さんならではの、お店の特徴が出ていると思いますね。パイというよりケーキ的で、パイじゃ足りないと思える時に良さそうです。


そして、今朝の岩木山。
岩木山12-1171_500
2012.12.16 火災発生
火災の一報あり、
消防団第3分団も出動、
8時50分、現場到着。
火災12-16-2_500

既に常備消防が配置し、鎮火していました。
家主さんが出火に気づいて初期消火し、消防署の到着を待ったようです。

ん、家主さんは元消防団ではありませんか。
適切な処理に関心しますが、火災発生はよろしくありませんね。

少し待機後、我が3分団は分団待機となりました。


で、今朝岩木山は望めませんでした。
2012.12.15 志ん朝文庫2
志ん朝の文庫も2冊目です。
“落語を聴くなら古今亭志ん朝を聴こう”
志ん朝ブック (1)_500
現役の噺家さんが、演目やその特徴を挙げて志ん朝落語の魅力を語っているので、丁度私のようにこれからいろいろ聴いてみようかなと思っているタイミングには良いガイドにもなりそうな一冊ですね。

しん朝 (1)_500
立川志の輔が“音楽”と表現しているのが、何となくそう思うような気もします。


今朝、岩木山は望めませんでした。
2012.12.14 すき焼き

職場の忘年会へ。
たまにはすき焼きもいいですね。
店の名前は・・・?、青森本町の辺りです。

すき焼き美味し。

今朝、岩木山は望めませんでした。
2012.12.13 柿にカラス
我家の柿もこの間までは結構な数の実が付いていたのですが、昨日今朝で残り数個になるほどカラスに食べられています。
こうもりの様に逆さになってくちばしで突付いていますが、枝が細いのと柿の木は折れやすいのでなかなか思うようにいかずに必死ですね。
柿カラス_500
それでも、半端にすることなくしっかりとたいらげるのは、この大雪で食べる物が無くなったからでしょうか。
カラスはやっかいな害鳥の印象ですが、このような姿にはすこし愛らしく感じたりします。


今朝、岩木山は望めませんでした。
2012.12.12 太鼓の達人
最近、クリスタルパズルとともに息子がはまっているのが“太鼓の達人”。
太鼓の達人_500
youtubeで攻略法を学んでいたり、マックのハッピーセットの景品目当てに寄ったり、学校から帰ってからゲームセンターに誘われたりと結構な勢いですね。
何だか、クリスマスのプレゼントの希望も太鼓の達人のようで・・・・。


今朝岩木山は望めませんでした。
大雪です。
強い冬型の気圧配置で日本列島は大雪、観測地でも今朝から20㎝の積雪、新潟県では積雪が平年の8倍の180㎝を超え所があったそうで、各地で被害も多いようです。
小学校のグランドも真っ白ですね。
12-11雪_500


先日完成した“クリスタルパズル”ですが、引き続き面白く遊んでいます。
息子が特にはまっているようです。
クリスタルパズル03_500
トレジャーボックス、
クリスタルパズル02_500
エッフェルタワー、
クリスタルパズル2-2_500
パールシェル、
クリスタルパズル3_500
と時間を見つけてはいっぱい悩んで、完成目指して組んでいますね。
メーカーのホームページには“解説書”が添えられています。番号順に並んだ図を手がかりに順に組んでいくように攻略が案内されますが、まあ、どうしても組み立てることが出来なかったらでしょうね。番号順に探す手間も結構な作業のような気がしますから。


今朝は雪で岩木山は望めませんでした。
2012.12.10 志ん朝文庫
落語がとてもすばらしくて、古今亭志ん朝はどんな方だろうと知りたくなり、文庫本を購入。
何冊か素顔が探れそうな本がありましたが、“よってたかって古今亭志ん朝”を選びました。
弟子たちが思い出を語り合った本です。
志ん朝ブック_500
カバー裏には
「生前、他人にあまり自分の内面を見せることがなかった古今亭志ん朝。しかし一番身近にいた弟子たちがよってたかって師匠を語り尽くした結果、芸に厳しく、人間味豊かな名人の素顔が浮かび上がってきた!抱腹絶倒、ときにしんみり、師匠愛にあふれる男たちの酌めども尽きない語り口。」と紹介され、
データベースより内容を引用すれば
「低迷気味の落語界を自ら率先して引っ張り、絶えず重荷を背負いながら40数年の噺家としての人生を歩んだ古今亭志ん朝。直弟子たちが知られざる師匠の素顔を語り尽くした、ファン垂涎の一冊。」
となっていますから、まずはこの1冊となりました。

弟子たちが思い出を語るわけですから人柄がのぞける訳で、少ない弟子の身近な話ですから人間味が都度登場します。そして弟子は当然噺家さんですから話が面白く身内の話も楽しく感じるいい話です。
しん朝 (2)_500
弟子に稽古をつける前に、その噺によっては他の師匠に自分が稽古をつけてもらってから弟子に指導したという素晴らしい師匠のようで、そして、すごく気性の激しい方だったことに、期待通りというか、何かホッとしますね。


そして、今朝の岩木山です。
岩木山12-10_500
2012.12.09 スチューベン
午後鶴田へ向かう道は市内を過ぎた辺りから雪が積もっていました。
鶴田へ行くことで子供たちに頼まれたものが有り、少し足延ばししてアルジャに立ち寄り。
スチューベン_500

目的は“もちもちドーナツ”。
ドーナツあるじゃ_500
何だか、人気らしいです。
名の通りに外はカリカリして中がもちもち感、丸いボール形なので余計にもちもち感を楽しめます。まあ、旨みには特徴を感じませんが、チーズ味とキャラメル味もあるので、普通のシンプルな味に不足ならそちらが良いでしょう。食感がとても好感です。

そして、この時期は“スチューベン”ですね。
りんごとともに仮設販売所に多くの詰箱が並んでいました。
スチューベン (1)_500
4房で500円の盛を購入。
スチューベン (2)_500
お正月になると贈答用として見かけることも多くなるスチューベンですが、
9月収穫直後から冬内中おいしく貯蔵出来るのが不思議なくらい、普通の柔らかい実で更に糖度が高いですから優れています。
スチューベン (3)_500


そして、今朝は麓が薄っすらと望めた岩木山です。
岩木山12-9_500
2012.12.08 冬日
本格的な冬になりましたね。
昨日の観測地最高気温が0.0度だそうで、真冬日とは日の最高気温が0℃未満の日だそうですから、まあ、ほぼ真冬日だったようです。

我家でもクリスマスプレゼントの話題が多くなりました。要するにプレゼント依頼の割り当てに子供たちが、相談しているようです。
そして、今日はクリスマスツリーの準備となりました。
子供たちふたりの仕事ですね。
ツリー準備_500
何だか、年々ぶら下がっているものが多くなっている様に感じますが。
ツリー準備 (2)_500

今日、岩木山は望めませんでした。