2010.04.12 蒔田橋修復
金木川にかかる蒔田橋の修復工事がおこなわれています。
蒔田橋改修DVC00063_600
信号待ちの車内から撮った画像なので修復の様子は見えないのですが、片側通行にして鉄骨の橋げた以外はそっくり取り替えているようです。

私が小学校に通っていた頃は既に現在の橋になっていたので、古い橋の思い出はありませんが、その頃に建て替えられたような記憶もあります。新しい橋の下で学校で禁じられていた花火をやっていた思い出が少し残っていますから。
古い橋を壊したときに蛇の巣があったという話は聞いたこともあります。
この先にある十川に掛けられている鳴戸橋が古い頃の思い出ははっきりと残っていますね。長い間橋に大きな穴が開きっ放しで、大雨になると橋がそっくり川に隠れてしまっていましたね。

この通りは五所川原蒔田線という県道で、この橋のあたりは道幅も狭く通りにくいのですが、現在は鳴戸橋を渡ってからは立派に整備されており、市内へ向かう車も多いです。だいぶ遅くまで途中が砂利道だったことから、いまだに冬には通行止めだと思っている人も多いようですが、防雪柵や除雪などもしっかりと行なわれています。