2009.05.31 たけのこ採り
PTAの奉仕作業であるグランド整備を終え、何故かたけのこを採りに行くこととなります。

12本ヤスの手前から林道を20分ほど進み、笹薮を軽トラックでかき分け進むと林道終点。背丈より高い笹藪を5分ほど歩き目的地到着。
たけのこ採り2_400
笹薮をくぐりながら地面から伸び出ているものを探します。
たけのこ採り1_400
ただ、採るのも大変ですが、帰ってから皮をむきとるのがまたひと仕事となってしまうのです。
たけのこ採り3_400

津軽でタケノコといえば“根曲がりダケ”です。
太宰がとくに味噌汁を好物にしていたそうで、マディニーの“はな”ではこの“根曲がりダケ”がのっかった“太宰らうめん”が人気です。
国土交通省が行う“水防訓練”。
毎年1回各県を持ち回り、県でも各地区を持ち回りすることから、これだけの規模の水防訓練は五所川原で行うことは滅多にありません。
そのため1週間前の先週も訓練のための訓練と言いましょうか、当日を想定した練習を行っています。
水防訓練5_400
非常報知の半鐘は、三内丸山を思わせるような“やぐら”の上で訓練中延々と叩かれます。
水防訓練.09_400
訓練の様子をテレビカメラで捉え大型ビジョンで流されます。状況を川口浩一アナが実況して会場の進行の様子と補足的な説明がされ、会場の一体感を演出していました。
水防訓練.06_400
消防団員である私の役目は国旗掲揚の係り。県警察音楽隊の“君が代”に合わせて国旗を揚げます。
水防訓練.07_400
風がとても強かったので、途中ポールに引っかかったらどうしようかなどと余計な事を考えて風の向きを気にしながらの作業です。何事もなく終えました。降納も無事クリア。

訓練は、東北各県代表の消防団の水防大会が併せて行われるなどのメニューも豊富です。
水防訓練.10_400
ヘリコプター訓練も国土交通省、県警はくちょう、県防災しらかみ、自衛隊機と4台が参加。
しらかみの救助訓練は、強風の中ですが手際よい活動です。
水防訓練.13_400
東北電力の訓練は仮設電柱を使った訓練。NTT、ドコモは応急処置訓練や災害伝言ダイヤルのPRに努めていました。
県警は、土砂の下敷きとなった車両からの救助訓練。
水防訓練.12_400
自衛隊は仮設の橋を渡す訓練。
水防訓練.14_400

一般参加を含めた訓練参加者は3400人と発表していました。
国が行う訓練とあって、さすがに見応えのあるすばらしいものでしたが、このイベントに国旗掲揚係りとして参加できたのも、なんだか気分の良いものです。
2009.05.29 藤の花
私の親の家の前にアーチの藤棚が造られていて、この時期5月から6月にかけて淡紫の花が咲きます。
藤の花言葉に“歓迎”というのがあるそうで、おふくろがそのいわれから玄関前に植えたのだろうと思います。ちょうど今、咲いているところです。植えつけて10年は過ぎましたが、まだ藤の棚とは言えないまばらな咲き具合ですが、両側から伸ばした蔓が鉄骨で作ったアーチ型の枠にどうにか天井で絡み合ってはおります。
藤の花_400

太宰治が“魚服記”の舞台とした“藤の滝”は、辺り一面に藤の花が咲くことから名づけられたそうですが、滝が広がるように落ちている様も藤の花がイメージされるのですが。
2009.05.28 まはげ山へ
最近は“馬禿山(まはげ山)”へ行って来たという話を全く聞かなくなりました。
私の母校の小学校でも、昭和20年代生まれの方は炊事遠足がこの“まはげ山”だったということです。

太宰の幾つかの小説にも出てくる“まはげ山”ですが、今現在は道が確保されているのか、当時のように原っぱが残っているのか?、知りたくなり、わざわざ行って見ることにします。
まはげ0_400

?今回の道順?
岩見町から12本ヤスへ向かい、周囲の畑が切れると下り坂で砂利道になり、橋を渡りきったらすぐ右へ、現在は左側から川辺へ降りて橋をくぐります。が、川で道は途切れます。車はここまで。
橋下数十メートル左手斜面に、森林鉄道のトンネルが見えます。炊事遠足では、このトンネルをくぐり抜けて“まはげ山”へ行ったようです。

入口のコンクリート枠はしっかり残っていますが、中は天井が崩れて、かけた破片が粉となって下に山積みとなり、天井には木の根っこが露出していました。私以外に足跡はありません。
よし、ここを抜けると。
まはげ1_400
行き止まりなのです。
まはげ3_400
当時は橋が架かっていたのでしょう。川向こうにそのような形跡が見えます。

いたずらで彫ったであろう氏名は、現在70才を超えたであろう方の名も残っていました。まったく。
炊事遠足で向かった“まはげ山”への道は、もう残っていないようです。
しかし、その道は何処かにあるはずです。信じて、後日またチャレンジしましょう。
2009.05.27 おしどり
仲のよい夫婦をたとえてオシドリ夫婦といいますが、田植え後よくこのオシドリを見かけます。
オシドリは鴨とは違い、田んぼに植えた苗を抜き取るいたずらはしないそうで、逆に害虫を駆除したり除草効果が増すので追い払ったりしないほうが良いそうです。

今朝の光景、農作業でも田植え後に“ぬげた”という補植作業をしている夫婦の姿はまさしく“オシドリ夫婦”に見えます。
おしどり2_400
実際は如何なことか知りませんが、まあ、仲が良くなかったらこの様な光景にはなりませんでしょうが。
今月末に旧学区内の老朽した集会場が解体撤去されます。
中に残されていた荷物整理で、額に納められていた写真が数点見つかりました。
一昨日の消防団の会合で、これらの古い写真を基に大いに盛り上がりました。

これは誰だ。
こいつは○○だろう。
お前の妹だろ。
経済連に居る○○だな。
こいつは死んでしまった。おい。
何処で写してんだこの写真。
この萱屋根が○○の家だろ。
・・・・・・・・・・。

その複数の写真の中に、私たち同級生の写真が1枚ありました。
11人全員の姿、場所は青森県総合運動公園の陸上競技場です。背景の様子から“あすなろ国体”が行われているところのようです。そういえば開会式に行ったような気がします。
写真下には卒業年度が書き込まれていました。
同級の写真_256
同級生の写真は、私のアルバムにも複数収められていますが、こうして引き伸ばして額縁に入れられ地元の集会場に飾られてあった写真を見ると、みんなどうしているかなと小学校時代を懐かしく感じます。

生まれた家に残っているのが3人、
近隣に家を建てたり、嫁いだのが3人、
首都圏に居るのが5人です。
女4人は立派に家庭を支えているようですが、男は・・・・それぞれですね。
サングラスの先生は現在も“岩木山スキーマラソン”に参加しているようで、何年か前にコース上でバッタリ会ったことも。スキーを教えてくれたのはこの先生ですから。

写真載せちゃって、叱られないかな?まあ、このブログに訪れることも無いでしょうが。
因みに私は、前列で帽子のあご紐を頭にあげている少年です。
卒業後に全員が揃ったことはありませんが、男7人が揃ったのは卒業後ただ一度だけ、2000年7月2日のことです。




2009.05.25 傍島の家4
またまた続いてしまいます。

旧傍島家住宅がどのように完成するのか楽しみですが、現在修復作業に手弁当持参で参加している方々には感謝。たいへんご苦労様です。
傍島7_400

もうひとつ、すぐ向かいにも貴重なものがあります。
08松陰標柱3ds_400
現在は標示されていた文字も消えてしまっていますが、私が小さい頃ははっきりと“吉田松陰昼食の場所”と示されていました。

以前書き込んだ記事はこちら
2008.7.18の記事
 
2009.05.24 傍島の家3
飛びましたが、続きです。

表札の傍島正守氏は太宰治とは深く関わりのある方だそうです。
14歳の太宰治が通っていた高等小学校での担任を務めた方で、従姉の夫でもあります。
そのため傍島家には“やま源”の屋号が入ったものも残っていたらしいです。
津島家と傍島家に深いつながりがあったことで、かなぎ元気クラブがこの事業を手がけた理由でしょうから。合併前には町が買い取る話もあったそうですが実現せずにいたようです。
傍島3_400

そして、古い話ですがこのような事も。
金木は“津軽三味線発祥の地”とされていますが、“津軽選挙発祥の地”でもあります。
昭和30年の町村合併の時の選挙がそのいわれだそうで、偽の投票用紙が発覚したり、筆記が同じものが相当あったりしたようで、選挙長が強引に開票を中止したというのです。
そして新たに選挙長に選任されたのが傍島正守です。ところが、ひとりの候補に800票以上もの無効票をつくり当選人を決めてしまったというのですから。それを県の選管が開票しなおしてひっくり返り、ふたりとも当選してしまったという今では理解できない話です。当選したのが太宰治の兄津島英治だったとのことです。
その出来事を、1年後に振り返えり町広報の記事にしていますが、発行者が町長ですからこれもまた偏った見方で、今でも図書館に行けば“金木だより縮刷版”という町広報を冊子したものがありますので、そちらをみるのも変に面白いです。

と、書き込みましたが、以前聞いた話などをつなぎ合わせた、私が知っている話で確認はしていないので間違いもあるかも知れませんが。
北五地区連合総会、北津軽郡と五所川原市区域内の小中学PTAの連合組織の総会で、私は始めての出席です。

教頭に先日出席確認された際、「普段着でいいですか?」と訪ねたところ「ネクタイして下さい。」と確認しておいて良かったです。いくらPTAの総会でもみんなネクタイしていましたから。
北五PTA_400

今日は通常総会ですから、事業報告と計画、予算の審議でした。
質問は事務的なものへ幾つかありましたが、形式的な総会も無事終了です。
この組織だけのことではなく、学校側の支えがないとたいへんなんだなと感じます。

ずいぶんと懐かしい方に会いました。皆さん頑張っていますね。
2009.05.22 立佞武多の館
仕事の打ち合わせで“立佞武多の館”へ。
新作のねぶた“夢幻破邪”はすでに完成して展示されていますが、時間がなかったので今度です。
確か、太宰治展も行っているはずですが。

今日は、19年度の“芽吹き心荒ぶる”の修復作業をやっていました
立佞武多館1_400
今日のライブは、大隅寿男トリオです。
ドラムでリーダーの大隅寿男氏は、日本を代表するジャズドラマーで、たけやさんライブ常連で1年ぶりとのこと。
たけやライブ2_400

息子のような年代のふたりとのトリオですが、3人の持ち味が出た迫力あるライブでした。
たけやライブ3_400
ハクエイ・キムのピアノは澄んだような響きで、とても美しさを感じる心地よい音色です。そしてルックスも抜群ですが、人柄が伝わってくるような魅力を感じます。

2009.05.20 誕生日
今日は息子の誕生日。
誕生日ケーキ_400
「お父さんからのプレゼント」と耳元で3度言われてしまいました。