2009.04.30 高長根
奥津軽ウォークのコース設定に提案しようと思っている場所があります。

“高長根”という場所です。
太宰も書いているように地元の年配者は“高流れ(タカナガレ)”と呼び、金木の大東ヶ丘地区の大倉岳の登山道へ向かう途中の小高い山です。私の年代の人は小学生の頃に炊事遠足へ行った場所であり、近くには野営場フイルドアスレチックが営まれていたこともある、町民にはとても憩いの場所でもあります。現在は砕石などで当時の野原は無くなっていますが、それでもそこからの眺めは太宰が途中数度見下ろしながら登ったという“津軽”で書いたとおりの展望が期待できます。
高長根_400

小説“津軽”から引用すると、
「や! 富士。いいなあ。」と私は叫んだ。富士ではなかつた。津軽富士と呼ばれてゐる一千六百二十五メートルの岩木山が、満目の水田の尽きるところに、ふはりと浮んでゐる。実際、軽く浮んでゐる感じなのである。したたるほど真蒼で、富士山よりもつと女らしく、十二単衣の裾を、銀杏(いてふ)の葉をさかさに立てたやうにぱらりとひらいて左右の均斉も正しく、静かに青空に浮んでゐる。決して高い山ではないが、けれども、なかなか、透きとほるくらゐに嬋娟たる美女ではある。

眼前に展開してゐる春の津軽平野の風景には、うつとりしてしまつた。岩木川が細い銀線みたいに、キラキラ光つて見える。その銀線の尽きるあたりに、古代の鏡のやうに鈍く光つてゐるのは、田光(たつぴ)沼であらうか。さらにその遠方に模糊と煙るが如く白くひろがつてゐるのは、十三湖らしい。

その十三湖の北に権現崎が見える。しかし、この辺から、国防上重要の地域にはひる。私たちは眼を転じて、前方の岩木川のさらに遠方の青くさつと引かれた爽やかな一線を眺めよう。日本海である。七里長浜、一眸の内である。北は権現崎より、南は大戸瀬崎まで、眼界を遮ぎる何物も無い。


と書いた場所を案内したいと思うのは当然でしょう。
他にも、小説の舞台にした“滝”が3つありますが、ひとつ選ぶとしたらここでしょう。
今後、太宰が訪ねた当時の姿に復元する計画もあるようです。
2009.04.29 まばらな桜
芦野公園の桜の咲き方がおかしいと感じていましたが、一昨日の新聞でも報じられていました。

園内の8割の桜の花がまばらに咲いているようです。特に国道沿いは、気をつけて見ないでもはっきりと分かるほどです。
さくら害_400
報道によると、野鳥による食害との見方のようですが、公園を良く知る人は、気候や樹木の管理のあり方を問う声も多いようです。

ただ、今年は金木においてはあちこちでこのような現象が見られることも確かで、金木保育所前、旧奴温泉庭も同じような生育です。

残念ながら今年の祭りポスターのような、桜のトンネルをぬけるメロス号とは少し違っているかも知れませんが、これも自然の摂理と受け止めるべきでしょうし、サトザクラやシダレザクラには被害が無いようで、ゴールデンウイーク期間中はちょうど咲き頃かも知れません。
2009桜祭りポス_400
ただ、訪れる人ががっかりするようでは観光を掲げている金木ではとても残念なことです。
これまで、総会の事業承認、2回の実行委員会を終え、役員会に諮り、7月28日芦野公園を中心とした太宰生誕100年にちなんだコース設定で行うことと決定したことを受け、
4.25役員会_400

今日、代表者3名が市役所で市長に直要請、教育委員会を中心に行政側のバックアップの了解を得ました。大きな壁を乗り越え、さて、スタートですよ。
5月3日の消防団放水競技大会に向け、我が分団も事前の練習です。が、打ち合わせだけで、消防に付きものの酒。
酒が進むと打ち合わせも弾みます。
当日の私の分担は、指揮者と終了後のこちらの準備となりました。
シャモロック6_400

一昨年は第2位。昨年も決勝進出の4位と、実動訓練には強いようで、調子に乗って今年も3位入賞、あわよくば優勝を狙います。
でも練習はそのような様子ではありません。大会は日曜日、でも、結果心配不要です。
昨日は平野でも雪が積もったところがあります。
1961年気象庁が観測を始めてから、21年前と並び最も遅い積雪だそうです。

ヤマセの雪は津軽地方より県南や青森市に多く降るようですが、昨日も青森市では積雪を観測したそうで、合浦公園では満開の桜が雪化粧になる珍しい光景を見せマスコミで報じられています。
“雪見桜”と言うのでしょうか、見て置きたかったなと少し残念な気もします。

その寒い日から一夜明け、今朝出勤途中に不思議な光景を見かけます。
広がる田んぼの地面から湯気が立ち上がっています。
朝蒸気_400

朝日で暖められた地面より地上の大気の温度が低いことから起きる現象だそうで、太陽の光は大気より地表を先に暖めることが原因だそうです。
なんとも変な天気が続きます。
今年2回目の例会は“堺野沢ため池公園、北限の梅探梅”ウォークです。

昨夜の雨と強風がおさまらなかったのですが、8時30分には42名の参加者が集合。

ショートコースの“堺野沢ため池”コースは松島会館から堺野沢ため池を1周して帰るコース。
ロング“北限の梅探梅”コースは堺野沢ため池から更にフラワーセンターまでの20kmとなります。

市広報で参加者を呼びかけたこともあって、初ウォークの方が5名ほど参加です。
軽いウォーミングアップ後予定時間を若干遅れてスタート、松島町の桜並木を眺めながら吹畑コミセンあたりで、ロングコースとショートコースに分かれます。
小雨と風ではありましたがロングコースへ13名、私ももちろんロングコースへ。
堺野沢ため池でショートコースとドッキング、今日は荒天のためか両コースとも団体歩行に徹していました。ショートコースの先頭を会長が務めて周辺を話題にしながら歩いていたようです。この天気の中ですがさすが感心です。

11時30頃フラワーセンターに到着。ちょうど“梅まつり”が開催されていましたが、雨脚が強まる前にと、ゆっくり食事せず、出店の暖かい山菜そばをかけ込み帰路とします。
この天気で梅まつりにはお客は居りませんでしたが、出店のかあさんたちは昨年も訪れた我が会のことを思い出してくれて、出発時には「頑張って帰って」と見送ってくれます。このようなちょっとしたことにウォークの楽しさを感じるのです。
2009探梅19_400
松島会館に帰ってきた頃にはみぞれ模様となりましたが、無事全員到着。

今日初参加の男性。昨夜長期出張から帰り今朝市広報でこのウォークを知って、急きょ駆けつけたそうです。迷い無くロングコースを選択、雨を想定しない様な軽装での参加でしたが、疲れも感じさせない元気な歩きで終えました。今日参加したきっかけは、東京での出張の3ヶ月間中に朝のウオーキングをはじめたことで、今朝の広報記事が目に留まったようです。ウォークの途中ずいぶんこの会のことをたずねていました。三十歳台の会員となることを期待します。

GPSでひろうと、
探梅マップ_400
身近ながらとてもバランスの良い歩きやすいコースです。
2009.04.25 田んぼに基肥
水稲作の田んぼでの最初の仕事が肥料の投入です。
肥料の値段が大幅に上がり、ますます経費が掛かるようになりましたが、肥料を与えないことには作物は育ちません。
追肥_400

化成肥料“484”を散布します。“484”とは窒素14%、燐酸28%、加里14%が成分の肥料で、通常も数字で“ヨン・パー・ヨン”と呼んでいるほど基肥には定着した肥料です。私は平成6年から基肥にはこの“484”を使っています。
芦野公園の桜が咲きだして、金木桜まつりも明日から祭期間となります。
例年29日開会ですが、桜の咲き状況が早いことで、明日から準祭り体制として訪れる人たちを出迎えるようです。
金木桜まつりの今年のポスターがとても好評です。
2009桜祭りポス_400
これまでは、前年のまつり風景を使用したものが多かったのですが、一昨年から作画を使っており、"ちゃぺ"の絵の、満開の桜と大きな花火の中を走るメロス号がとても美しく描かれています。
5月2日の花火大会はこのような光景を期待してしまいます。
2009.04.23 鯉のぼり
息子が生まれた翌年から揚げていた“鯉のぼり”ですが、今年はすっかり忘れていました。

最近はあまり見かけることが無くなった様な気がしますが、それでも通勤途中で幾つかなびいています。今朝はあられもパラついて、鯉のぼりも心なしか気の毒にも感じました。
この辺りではあまり見かけない“のぼり旗”がやたらとかっこよく新鮮に見えます。

さて、我が家の鯉のぼりはどうなるのでしょう。
金木クラフトの“鯉のぼり”です。
5月5日金木クラフト鯉のぼり_400
10年間履きつづけたウオ?キングシューズですが、ソールの限界で購入を検討しています。
どうも"アシックス"を好む私は、継続して"サルティス"を購入しようかと思っているのですが、周辺には"サルティス"を愛用している人が居ないため、身近な情報が得られないでおります。

早くから月星の"ワールドマーチ"はPRに積極的だったこともあって人気が定着しているようで、先日会員から借りて足にあわせてみると、包み込まれるような感覚でとても心地よさを感じます。ミズノも頻繁に商品更新をしているようで、ウオ?カーの望むものがほとんどそろっているので、購入にはますます悩んでしまうところです。

すこし拾い上げると、
最近はつま先の幅広4Eが人気のようですが、3Eの構造でも充分足りるのではというのが私の理解です。また、"ゴアティック"は現時点では必須のようです。
"サルティス"は競技用のシューズに強いアシックス商品とあって耐久性は前のシューズで実証されています。

高価なシューズは機会があったらとも考えていましたが。「シューズだけは良いものを」という話題が多いことからとても悩んでいるところです。
足計測_400
ただ、足、環境全て自分に適しいてるウオーキングシューズを選ぶことが当然最も大切なところです。
2009.04.21 芦野公園の桜
昨日から芦野公園の桜が咲き始めました。
4.21桜2_400
自然休養村センター前の桜が先に咲くのではという気配もあったのですが、やっぱり例年どおりに国道沿い図書館前の桜が開花、追うように休養村前が咲き始めました。
園内はまだつぼみで、湖畔沿いが開花するのは3、4日かかりそうです。


会員の気になった話やいい話の第2話

我が歩こう会には県外会員の方が数人おります。
県外遠征で同部屋となったことがきっかけとなったり、その知り合いをも巻き込んだり、常に歩こう会の小旗を腰に差込み全国の各イベントに参加している方もおります。
県外会員とのいちばんの交流は"十和田湖ウオーク"でしょう。ゴール目前のコースサイドに陣取り、参加者を激励することが我が歩こう会の十和田湖での恒例行事となっております。
激励されゴール後に我が会の座敷に座り込んでしまったのがきっかけで、その場で入会した方も居るほどですから。

昨年の十和田湖一周での県外組会員
144_4425_400.jpg

T氏は、2年ほど前に経営コンサルタントの仕事を引退、東京を離れ現在は県内に住居を構えたことから会例会の参加も多くなっています。
全国の大会を歩き回っている方で、ウオーキング仲間も多く、その健脚ぶりは全国で多くの人が知っているところです。以前は仕事の合間の参加とあってか、早い時間でゴールするとさっさと東京へ帰るというスタイルで、ウオ?キングの前後、途中を脇見をしない方でしたが、ところが最近はスタイルが変わり、周辺を気にしながら歩いているようです。
昨日の"あすなろラインウオーク"も前泊しての参加で、津軽鉄道を利用して斜陽館、芦野公園、雲祥寺などを巡ったようです。特に雲祥寺の地獄絵が印象深かったようで、お寺の生い立ちについては関心を持っていました。コース上でもマップを持参して、要所をずいぶんと訪ねていましたから。

私がウオーキング指導員の資格を取得した時、「好きなように歩けなくなっちゃうんだから」と忠告してくれたのですが、さて、今はどのように思っているのでしょうか。

もちろん、ウオーキングの様々な情報をお持ちの方ですからとても貴重な方であり、何処であっても常に声をかけてくれる優しい人柄は、我が会の会員層の厚さを感じさせてくれる方です。

勝手な見かたで書きましたが、これからも面倒をみてください。