2009.02.28 金木クラフト
一昨日書き込んだ“組木の雛人形”の続き

地元の“青森ひば”を加工した“組木”を作っているのが“金木クラフト”で、金木の特産品としても取り扱われています。
金木クラフト玄関1_400
組木は通常販売されているものでも数が豊富で、組木の他に、コースター、はがき等さまざまな手作りひば工芸品を販売しています。
金木クラフト店舗2_400
以前は“ひばの曲げわっぱ”が金木を代表する特産品であったのですが、後継者も育たず、現在は全く無くなっています。県内でもその技術を継承している人は藤崎にひとりだけ居られるようですが。

金木クラフトの本業は“金木木材”という名の製材業で、広い敷地内に大きな作業場があり、森林鉄道が活躍していた頃、路線の大規模な貯木場から自社のトロッコ線路が引かれていたそうです。この地の林業が盛んだったことを感じさせる立派な工場が残されていますが、現在は建物の一部が時々稼動しているだけのようです。
金木クラフト工場3_400
“金木クラフト”では、おじいちゃんが糸ノコで“かたどり”まで行い、おばあちゃんが磨きと絵付けの仕上げを行なう工程だそうで、息子さんは商品の配達などで家業を手伝っているのですが、学習塾の講師で忙しいようで、この技を担う思いは無いそうで少しさみしさを感じます。
後継者が育たないとこの技術も失ってしまうこととなり、かつてこの地を支えた産業が忘れられてしまうこととなります。

複雑な組木の機関車は“津軽森林鉄道”をイメージしたのでしょうか。
金木クラフト機関車1_400

2009.02.27 ドック受診
ほぼ1年おきに受けている“人間ドック”、青森市の“慈恵クリニック”は3回目になります。
改装され入口も施設内もだいぶ変わっていました。
慈恵会1_400
過去においては“精密検査”という結果がつきもので、その桁違いの数値は周囲を驚かすほどですが、酒を絶ち、間食、暴食には充分注意をしていますから、良好な結果を期待できるかと思います。
でも、運動不足は否定できないのですが。

通常ドックというと病院内での受診がほとんどなのですが、ここは慈恵会病院の健診施設で、受診のながれもスムーズ、しかも親切なので抵抗感も少なく気軽に来れます。
日本人間ドック学会の基準をすべてクリアしているようです。
慈恵会3_640

日本人間ドック学会はこちら

脳検診は過去異常は全く無いのですが、とりあえずMRI、MRA検査を受け、途中頚動脈の検査も追加し無事終了。

以前は風呂も完備され、健診後はゆっくり入浴し食事という流れだったのですが、風呂は無くなったようで少し残念。
終了後の食事付きはとても親切です。昨夜から食事しないでくださいと言われ、このまま帰されるのも変ですから。
メニューは親子丼でした。

結果は1週間ほどで送られてきます。
マディニーの“ひな祭り組木コーナー”に置かれた雛人形。
金木クラフト雛人形1_400
金木クラフトの“ひばの手作り工芸品”です。

御内裏様と朝比奈様
金木クラフト雛人形8_400
桜の花に覆われた
金木クラフト雛人形5_400
ぼんぼりと
金木クラフト雛人形6_400
三人官女
金木クラフト雛人形7_400
他にもいろいろ組木が置かれています。
金木クラフト作品_400

数多く並んでいる中から、娘に選んだのがこれです。
金木クラフト雛人形10_400
この土日曜日開催の“みやざきツーデーマーチ”。
早くから参加の申し込みをしていたのですが、今年に入り交通関係をキャンセル、今月に入りやっぱり仕事の都合で行けなくなりました。
みやざきツーデー_400
呼びかけられたことと、この時期に宮崎を歩くのはとても気分も良いだろうと思っての申し込み、初の県外遠征になる予定でしたがとても残念。

私は以前仕事でいろいろ地方へ行ったのですが九州沖縄へ行くことがなかったのと、宮崎にどうしても寄りたい1軒の店があり、今回のウォークはとても楽しみにしていたのですが。

まずは一度県外大会への参加という希望は今年中に達成したいと願います。
先週末の暴風雪はいまだ挨拶代わりのネタになっているほど影響を受けたようです。
近所でも目だった被害は見当たらないものの、小学校通学バスの子供達待機小屋が倒れています。
倒れているというよりは“ぶっ飛んだ”といった感じです。
通学バス1_400
冬のこの時期は特に寒さしのぎが必要なことと、交通安全に配慮してこの場所に設置されているのですが
普段でもちょうど吹雪がぶつかる場所でもあり、今回の暴風には耐えられなかったようです。
スッキリするくらい見事なひっくり返りですが、子供たちが居る時間帯じゃなくてよかったです。
変わりに臨時の乗り場が設けられました。
子供たちは強風の怖さを気づいてくれたことと思います。
2009.02.23 風の町蟹田
土曜日深夜の暴風雪。広域な停電の対応に東北電力は県外からの多くの応援で対処したようです。
翌日夜11時ごろ、近くの電線作業は福島県ナンバーの東北電力の車両でした。この時間帯で金木地区の停電はほぼ復旧したようです。
電力_400

蟹田町では最大瞬間風速40mを越える観測でした。
太宰治が“津軽”で「蟹田は風の町だね」と言い、西風が強いと書いていたことを、“やませ”という海岸から吹き上げる東風と間違えているのではないかと思っていたのですが、どうやら海岸へ吹き抜けていく西風がとても強い場所なんだなと確認しました。
ただ、太宰がN君達と花見をした公園の防風林は、海岸から吹き上げる東風により西側に傾いているので、東西双方の風が強い、まさしく“風の町”何だと知ります。

太宰の間違いなんでとんでもない見方をしていて“疑って、すみません”といったところでした。

... 続きを読む
2009.02.22 歩こう会総会
今年最初の行事が、会の定時総会です。
久しぶりに見る皆さんの元気な姿、役員の選任を含め無事全案件を承認。
2009総会9_400
現在会員137名で、11月の第110回目の定例会まで豊富なメニューです。
今年の会の行事の目玉は9月予定の“奥津軽ウォーク”でしょう。日本ウオーキング協会の“津軽半島ウォーク”も楽しみです。
私も徐々に会の役目も担えるようになってきたので、昨年のグラフ上昇傾向を保ち役割を果たしたいと思います。

終了後、懇親会はいつもどおりの盛り上がりです。
余興、ハーレー大久保のスコップ三味線は、“世界大会”2回出場の腕前。2曲終え、
「リクエストがあればもう1曲やります。リクエストしますか?」
と、相変わらずの芸達者です。
2009総会4_400
皆さん、今年も宜しくお願いしますよ。
2009.02.21 暴風雪
夕べからの風は記録的な暴風雪となり、県内至る所で被害があったようです。
暴風_400
最大瞬間風速は五所川原観測地で29mを記録し、蟹田では40.8mというものすごい風だったようです。

我が家も古いので、ミシミシと音を立てて揺れていましたが停電を含め難は逃れました。
金木地区でも昨夜10時半頃から停電となっているところもあり、暗くなった今でも一部復旧していない地区があります。

東北電力の工事車両は、秋田県ナンバーもみられ早い復旧に全力なようで、さすが東北電力だけのことはあり、電柱の2.3本倒れたって、あっという間の普及なのですが、今回のように現場が広域で数も多いとなるとそう簡単に全復旧とはいかないようです。

オール電化の家など停電が長びくと暖房が動かなくなる不便があるそうで、普及にホッとしていることでしょう。

コンビニでは、弁当惣菜は売りつくされておりました。
黄色の縞が入り出したら、今度はインクが出なくなってしまいました。
パソコン購入と同時に1代目機エプソンPM-670Cを購入、翌年から2台目としてPM-760Cを増やし使い分けていました。
PM760_400.jpg
昨年PM-670Cを廃棄。そしてこの間からPM-760Cが不具合となっております。
PMシリーズ は当時あちこちで見かけた人気機種で、私のところでもほぼ10年という長い期間耐えてくれたのですが、この際買い替えを検討しています。

ターゲットは、ヒューレット・パッカードC309aです。
HPプリンタ_400
今月26日に発売予定なので、評価をのぞきながら今月中に購入したいなと思いますが。
ヒューレットパッカードはインクが割高のようですが、ガンガンプリントするにはいけると聞き、この機種は多機能が魅力なのです。
まだ迷っていますが。
2009.02.19 中川財務大臣
中川財務大臣の酒問題が賑やかです。
Googleで中川昭一 と入力すると、“中川昭一 酒”が164000件も拾います。
検索中川_512
私は“酒を呑んで記者会見したことの責任ですか?”という側に加わりたいと思います。

中川さんは相当な大酒飲みらしく、武勇伝も多く「酒で身を引くようなことだけはしないでほしい」と心配されていたようです。
“酒と泪と中川昭一”なんて言葉を見かけましたが、響きだけなら違和感を感じませんね。


そこで、中川大臣の騒ぎとは別なことなのですが
“アルコール依存症”は、1合でも毎日飲んでいるようなら言われてもしょうがないようで、言われたくないなら1日2合以内、1週間に2日休肝日が必須条件なようです。1週間開けれないようなら依存症であるとも言われています。
でも、ほとんどの場合ただの習慣となっているだけで、覚悟と生活のリズムさえ変えれば改善できると思います。
「酒を止められないなんてのは、弱い人間の言うことなんだよ」と言われて、止められる依存症もあれば、そうもいかない依存症もあるのです。
酒を止めてどうなるのか? 好きなものまで我慢して何を望むか?結果、大した問題じゃないと思います。

私は中川昭一という国会議員に好感を持っていましたが、“酒飲んで何が悪い”とはいえないが、ある意味“親近”を感じています。

著名人にもアルコール依存症は多く、日本でも300万人近い人がアルコール依存症であると言われているそうです。
1年たった今、私はどうやらそうじゃなかったようで、ホッとしています。


2009.02.18 真冬日
関東地方では先日春一番が観測されたようですが、金木は3日続きの“真冬日”です。
“冬に逆戻り”と騒いでいますが、本来の冬の気象です。
今年は金木観測地でも2月上旬に積雪0を記録する記録的少雪で、
ただ、降雪量はほぼ平年並にあったようで、降っても融けるといった気候のようです。
一昨日はこの冬一番の猛吹雪で、それが昨日、今日まで続いています。

神原の“仁太坊の碑”にも地吹雪が吹きあたり、石碑の彫りこみに舞った雪がへばり付いて、
コントラストな美しさと、何ともいえない情緒が映しだされています。
仁多坊碑2_400
吹雪の中から三味線の音が聞こえてきそうです。


2009.02.17 くさぶえ温泉
私が最も好んでいる温泉は、青森市の中核工業団地を高台に向かって憩い牧場のまだ先の“くさぶえ温泉”です。とにかく湯質と昭和を感じさせる雰囲気が気に入っています。
くさぶえ温泉1_400
日曜日に昨年以来久しぶりに立ち寄りました。
昨年設備が故障したために「しばらく休むかも」と言っていたので、もしかしたら休業しているかとも思っていたのですが、どうやら1週間ほどで復旧したようです。玄関の明かりを確認した時はホッとしました。

仕事で青森市へ通っていた頃時々寄っていたのが15年以上も前ですが、日帰り温泉の中では今も最も気に入っています。
現在は受付に何時もいるかあさんが、どうやら息子とたったふたりで営んでいるようです。
昭和61年開業のとあって施設の老朽が心配されるようで、送迎は限られた場所だけで、あちこちのカランから湯がこぼれていたり施設の古さは感じますが、利用するには支障はありません。
以前は砂利の悪路だったのが、すぐ近くに県バイオセンターなどが出来て、現在は路線バスもすぐ近くで降りられます。
営んでいた建設会社が盛んだった頃に、花の栽培など幅広い利用を考えてボーリングしてそうで、五所川原の太田さんという業者が頑張ってくれたと、かあさんが当時を懐かしく話してくれます。
開業の頃は郊外の日帰り温泉も他に無く、ずいぶんと賑わっていたそうで、食堂などはそのまま残っていますが今は使っていませんし、大広間もめったに使われていない感じがします。“くさぶえ”という名のとおり、のどかな雰囲気がとても心地よい日帰り温泉です。
くさぶえ温泉2_400
少し遠いのでわざわざ行くのは少し面倒なのですが、ゆっくりとしたい時はとても落ち着けます。近所にあったら毎日通いそうです。