2008.11.30 りんご品評会
県りんご協会が主催する“青森県りんご品評会”は、県と弘前市が後援する毎年恒例のイベントです。
りんご品評会8_400
酒を呑めなくなったためか、りんごを食べるのが習慣になっていますから、この催しに訪れたくもなるわけです。おそらく朝早いこの時間に訪れる方はりんご農家の方たちで、全く関わりの無い消費者は私の他はそう居ないと感じる地味な会場ですが、タイトル通りの品評会ですから、広い倉庫内に並べたりんごは私が普段見かけるりんごとは色艶形が違う立派なものばかりです。
りんご品評会2_400
第1席に輝いたりんごなんかを、ガブリとかじってみたいのですが。
りんご品評会33_400
農機具や農薬業者の出店が多くあり、寒い会場内で“おしるこ”の振舞いもあったり、日中には“マグロの解体ショー”も行われるようです。特に、おしるこを振舞っていた農薬の業者さんは、綺麗なおねえさんを揃えてタイムサービスのゲームもやっていました。
りんご品評会28_400
糖度17°を超える王林、形も見事です。
りんご品評会30_400
文字の入ったお正月、慶事用。
りんご品評会9_400
日光を上手く利用した絵の付いたりんごも様々です。
りんご品評会6_400
品種紹介コーナーはさすがに県協会、弘果ならではの展示でしょう。
りんご品評会31_400
買って食べるには高価で手が出ないのですが、第一級のりんごを見る機会が出来ました。
りんご協会に感謝します。
田酒の山廃仕込、今年第1便です。
田酒23_400
“田酒”は青森市油川の西田酒造の酒ですが、地元青森でもなかなか手に入らない人気で、私も東京の渡辺さんという酒屋さんから分けていただいています。
酒屋さんでも確保がたいへんな様で、渡辺さんも青森まで来られたり、数年前には“日本酒の会?”を率いて西田酒造見学も企画していました。
田酒は卸の関係で、東京より地元青森の方が手に入りにくいようです。

通常は毎年10月から出まわる山廃純米ですが、今年は仕込みの遅れでもうしばらくこの時期になったようです。
田酒25_400

私が日本酒にハマッタ原因の“善知鳥”という銘柄も西田酒造の造りで、それまで日本酒は好んで口にしなかったのですが、日本酒の奥深さのほんの一部ですがどっぷりはまってしまい、とうとう呑めないからだになってしまったという悲しいお話はいずれ・・・・・。酒を断って1年たつ正月あたりに書きましょう。この田酒は正月用にお分けする分です。
息子が一昨日からお腹を痛がるので今日病院へ。
かかりつけの医者で診察しとりあえず点滴をしました。泣かなかった息子に親ばかのつもりでえらいとごほうびです。
エルムの商品券を使って“炎神合体”シリーズのエンジントリプターを買ってあげます。
炎神合体_400

ついでに私はインフルエンザの予防接種。職場の近くの病院は2000円で出来るのですが、ついでだったので3000円かけて済ませてしまいました。1000円は職場から還付されます。
ワクチン_400_400


2008.11.27 物産展へ出発
日ごろお世話になっている知り合いが、千葉県で開催される“奥津軽地方観光物産展”へ参加のため荷造りしました。
五所川原市を中心とした近隣の市町村が、船橋市船橋駅北口広場でこの土日に催します。
完璧な荷造りが完了。ですが、この軽トラックで千葉県まで行く訳ありません。出店の荷物は全てまとまって日通のチャーター便で移動となるので近くの日通営業所ターミナルまで搬送するだけです。
DVC00016_400.jpg
太宰らうめん、金木の馬のもつ煮などを振る舞い五所川原の食を味わってもらいPRに務めます。地酒の“田酒”1合瓶も相当数準備していました。その場で飲食出来るそうで、田酒と馬もつ煮を嗜みながら奥津軽に触れることが出来ると思います。
なかでも“太宰らうめん”は毎回人気のようです。
DVC00017_400.jpg
売り上げも無いと、旅費や準備費用が賄えないでしょうから赤字の無いようにがんばって来てください。天気は良いようです。
2008.11.26 防雪柵
晴れていても、風が弱くても、積もった雪が飛び吹雪となるこの地域の冬に、交通上で欠かせないのが“防雪柵”です。
風の力を利用し、角度のついた柵で風を道路に吹きつけて、雪まで飛ばしてしまう仕組みで、吹き溜まりと視覚障害を防ぐ気象をうまく利用した方法で、その設置もほぼ完了したようです。
防雪柵3_400
その姿もいろいろあるようです。
防雪柵1_400
冬が終わるとたたんで小さく収納し見通しを良くしますが、ガードレールの代用ともなる便利な仕組みのものもあり、広域農道などで活躍しています。

最も吹雪が強いといわれる藤枝地区は“地吹雪体験ツアー”が行われる場所でもあり、吹雪から家屋を守るために“カッチョ”という囲いが建てられます。
防雪柵2_400
その他に通りから少し離して集落に平行させ“防雪柵”が設置されます。
防雪柵4_400
これでも吹雪になると除雪後数分で吹き溜まりが出来てしまうこともあり、除雪作業が間に合わないことも冬期間に数日あります。想像出来ない厳しさで“陸の孤島”の不便さを実感することもあります。



2008.11.25 3連休
今日“勤労感謝の日”の振り替え休日で3連休でしたが、あっという間に過ぎてしまったという感じです。
“勤労を尊び、生産を祝い、国民がたがいに感謝しあう日”だそうで、我家で「働いて飯を食わしているお父さんに感謝しろ」などと子供に偉そうに言うこととは意味違いでしょう。日の丸画像1_400
戦前は“新嘗祭”として農作物の恵みを感じる日だったそうです。
農業国日本の五穀の収穫を祝う風習はあちこちで残されていると思います。青森ではりんごの収穫も終えた販売イベントがいろいろな場所で開かれたようです。

この連休中に娘の“水疱瘡”もどうやら回復しホッとしました。
1週間もの我慢は子供にはたいへんな長い時間に感じたでしょう。

明日からいつも通りに学校へ行けるようですが、遅れた勉強はすぐにばん回しないといけませんから当然口をはさみます。うるさいでしょうが。
2008.11.24 大銀杏
北金ヶ沢の大銀杏が見頃でした。
今日鯵ヶ沢への用事の帰り足を延ばすと、国道手前から見えます。夏に来た時と違い色彩が周辺とはっきり別れて存在感がますます感じます。
大銀杏5_400
遠くから見ると葉はまだ散っていない様に見えますが、木の下は地面が隠れきっているほど落ち葉が積もっています。
大銀杏3_400
朝早かったので休日といえども誰も訪れている人はいませんが、少し足を延ばしても見る価値ありです。
大銀杏1_400
この時期では寒すぎるくらい吹雪があったり、朝の冷え込みだったりします。
我が3分団のポンプ車も冬支度しないといけません。火事現場でポンプがかからなかったり、凍ったりしていたらたいへんなことですから。もちろんタイヤの交換は済ませていますが。
消防施設点検_400

防火水槽の水位を確認後、岩木川河川敷の流木巻橋の上で放水試験。
屯所に帰ってのポンプ点検は、
吐水口、中継口、吸水口の確認。
真空試験、オイル注入。
不凍液バルブの不凍液注入。
グリス補てん。
など、冬期間には特に注意しなければいけないことが増えます。

昨日、こっそりと常備消防の方が屯所の状況を視察していたようです。
「今日やろうと思っていたのに?。」

整備完了、異常無しとなれば消防団につきものの酒です。
他の屯所の可搬ポンプの整備も終えたようで合流し、ホルモン屋へ。
今月は2件3棟の全焼火災が発生したばかりですから、団員の気構えが緩まないよう気を引き締めましょう。
近隣の有志によるミステリー駅伝が今年も行われました。
陸上競技経験者、関係者を中心に2001年から毎年11月に開催され今年8回目になります。
ミステリー駅伝2008-2_400
2チームに別れ、それぞれタスキをつないで行き合う地点をゴールとします。その地点は何処なのか?、走ってみないと分からないことから“マジカルミステリー駅伝”と名づけられたのです。

過去、泊まりがけで下北1週や津軽半島1週、岩木山や十和田湖、八幡平周回を含めたコースなど、工夫凝らした設定だったのですが、年々参加者も少なくなり昨年はコース距離も延ばせないことから、金木スタートで内真部線、中泊のやまなみラインのコースと規模も縮小されています。昨年は積雪で道路を走るのが交通上危険なため、芦野公園周辺臨時コースとなったのですが。今回はその昨年実施出来なかったコースを再度設定となっていました。

6時集合予定だった金木庁舎前には誰も居ません。積もった雪に足跡すら無い静けさ。
ミステリー駅伝2008-1_400
私、事前に参加を伝えていなかったのでコース変更を知りませんでした。すぐ電話で確認したところ、今年も積雪で山越えが困難なためコース変更となったそうで、9時芦野公園集合となっていました。
集合まで時間があったので一旦家に帰ったら用事が出来てしまい、残念ながら欠席しなければなりませんでしたが、みんなは芦野公園の中で元気にたすきをつないだようです。昼過ぎ、賑やかな乾杯の声を電話で聞くこととなります。

多いときは50名程の参加者があり、バス2台での移動だったのですが、ここ数年は参加者も減って寂しくはなったものの、継続したい希望はみんなが抱いていると思います。
この催しは20年数年前に、現在の県民駅伝の前身である陸奥湾1周駅伝に向けての強化練習がきっかけとなったものらしく、強化練習に集まった関係者や参加者により当時も何度か実施されていたそうです。当時私は既に高校を卒業して上京していたのでその様子はまったくみてはいませんが、現木造高校陸上部監督の小田桐さんの影響と指導で行ったのではないかと推測します。
現在木造高校陸上部で行っている“24時間マラソン”もその時の刺激が少しでもあるのではないかとも感じます。

開催にあたっては、NPO金木元気倶楽部の伊藤局長と、私の陸上部の後輩でもある田中先生のご尽力だと感謝しなければいけません。
来年はきっと参加しますのでお願いします。
悪天候の中、みなさんたいへんお疲れ様でした。
2008.11.21 水疱瘡
娘が“水疱瘡”です。
幼児の頃にかかっていたと思っていましたが、勘違いのようでした。
水疱瘡_400
具合が悪いと自分で早めに休んだのですが、深夜になり発覚。火曜日病院で診察したところ確かに“水疱瘡”でした。
学校は当然今週は休み。症状は発疹以外は軽いようで合併症も心配していません。
順調に経過しているようです。

ただ女の子ですから発疹の痕が残らないように触れないよう注意させてはいます。
私の顔には気をつけないと見えない程度ですが、この水疱瘡の痕が残っていますから。
2008.11.20 忘年会
今日、早くも忘年会です。
職場の忘年会は例年今頃行われます。金曜日は個々用事が多いだろうとの配慮で今年は木曜日になりました。今後定着するでしょう。
忘年会11.20-1_400
“かわばた”で、各自テーブルで揚げる串揚げがメインです。
忘年会11.20-2_400
和食の他、かぼちゃ丸ごと料理も。
忘年会11.20-3_400
女性が多い20名参加で仕事終了後17時45分早速開始。当然のように静かに職場雰囲気のまま時間が経過します。誰もドンチャン騒ぎなんて望まないでしょう。もちろん私もそうです。

この“かわばた”は私個人的に親しくお付き合いのある方のお店なのですが、酒が呑めない今では1年ぶりぐらいに店に入りました。途中宴を離れ1階カウンターに掛け、懐かしいような、なんとなくホッとする時間をいただきました。ここの席でビールをゴクゴクいって、好みの日本酒をめいいっぱい嗜むスタイルは自分でもだいぶ気に入っていたのですが。
忘年会11.20-4_400
今日は早めに帰宅となります。
2008.11.19 初積雪
今年最初の雪はどっしり積もりました。
初雪1_400
11月4日に初雪を観測していますが積もったのは今日が最初、確か去年が11月17日だったような。例年この時期に一度積もるようですが、こんなに積もるのもめずらしいのでは。

我家の周りでも50cm程も積もった場所もあります。
初雪3_400
道路では所々でスリップによるはみ出し事故がみられ、気象台は夕方大雪警報を発表しており、明日にかけてまだまだ降り続くようです。
我家のタイヤ交換もすべて終えていますからあわてることはありません。