2008.04.30 散髪
息子の髪が耳を覆ってきたので、散髪してあげました。初めての試みです。
全部同じ長さを切り落としたら変にならないだろうと自ら言い聞かせ、安易に切り込みます。
注意点は、1.気にならない程度で、2.長めに切り、3.多少変でも直さない。
浴室で、おおよそ20分格闘。途中、「かっこいいなぁ」「かっこいいなぁ」と動揺させないために何度も繰り返しながら。
仕上がりは、ん、まずまずでしょう。
s-b-4.30散髪


今日の芦野公園の桜ですが、桜のトンネルは5分散り程度でしょうか。

s-b-4.30桜トンネル
つがる市の地球村で行われた「地球村おやこウォーク」に参加。
よかったら娘と行こうと思っていましたが、家を出る時間になっても起きて来ないため、いつもの様に何事も無いかのように静かに出発。歩こう会の皆さんとは現地で合流です。
コースは3、6、10、15kmと親切に設定され、つがる気球村周辺を回るほぼ平坦なコース。
イベント情報

おやこウォークとあってたくさんの子供、親子の参加。先日の「歩育」の講義を振り返り、このようなイベントに既に取り組んでいる旧森田村はすごい。
私は他の会員とともに15kmコース。8時40分予定時刻に野外円形劇場を出発。度々岩木さんを望んでのコースは、木々の緑、菜の花、りんご畑 、ミツバチの受粉など自然いっぱいの中、春の日差しで気温が上がったため途中からТシャツとなってのウォーク。
s-b-2008地球村7

背中「I Love walk」のロゴは目立ちます。
追い越した高校生にかっこいいと言われ、冷やかされるのも何となく気分がいいものです。
今日は木造高校陸上部が参加していました。伝統のエンジ色のジャージが目立ってます。ここの陸上部は立佞武多の運行などいろんな催しに協力していて、生徒にはすごく励みとなっているでしょう。今日はこのあと1年生歓迎会のバーベキューだそうです。頑張れ木造高校陸上部。

後半は短い距離の方々に追いつき、我らが会のK氏、ベビーカーを押したお母さんと一生懸命歩いている3歳の男の子の手を取り手助けしていました。さすが元教育者。
予定より早い11時到着。せっかくだったのですが、今日は昼食、抽選会、温泉とすべてキャンセルしました。歩こう会のみんなはもちろんゴザ敷いて大騒ぎでしょう。
お疲れ様でした。

s-b-2008地球村1 s-b-2008地球村5
s-b-2008地球村6 s-b-2008地球村3
2008.04.29 桜まつり開幕
芦野公園の桜まつりが今日開幕。
今朝園内を散歩。風がほぼ無い穏やかな朝で、桜は散り始めていますが園内見頃です。
桜のトンネルも散り始め程度で見頃。桜吹雪での開会式となります。

今朝の状況
s-b-2008.4.29芦野公園5 s-b-2008.4.29芦野公園3
s-b-2008.4.29芦野公園2 s-b-2008.4.29芦野公園7
s-b-2008.4.29芦野公園9

芦野公園の桜が明日の桜まつりの開会式を待たずにして、昨日からの強風で散リ始めています。でも大丈夫、園内の湖畔沿いはまだ見頃が続きそうですから。
開会式で桜がこれほど散っているのは、20年程ぶりとのこと。
s-b-4.28桜

桜は散っても祭りは予定通りの行事が行われていますから、賑わうことに変わりはありません。

斜陽館は今日も遠方からの観光客を含めずいぶんの賑わいでした。「マディニー」の中は動きがとれないほどで、食事は予約のお客様だけ受けておりましたが、私は無理にお願いして団体さん席の端のひと席をお借りしての昼食でした。

中部地方から来たという、おそろいのジャージ上着の夫婦。全国『日本さくら名所100選』を巡ってているとのこと。その選定されたプレートを写真に納め周っているそうですが、昨日から芦野公園内をいくら探しても見つけれず、あちこち聞きたずねても知ることが出来ず、役場へ電話しても休日とあって、諦めきれずに休み明けの今日になりやっと役場への確認で所在を知ることが出来、無事写真に納めたとのことでした。ご苦労様でした。
でも、食事はあきらめて他で済ますようでした。桜を追い北海道へ渡るのでしょうか。
無事に旅を続けてください。
2008.04.27 探梅ウォーク
今年2回目の例会、「北限の梅探梅ウォーク」参加。
松島会館を9時15分スタート。ロングコースは、五農林高校をぬけ、堺野沢ため池1周し、フラワーセンター梅園で昼食、野里、水野尾から松島会館へ帰る20kmコース。
ショートコースは、堺野沢ため池1周し昼食、松島会館へ帰る14km。参加者50数人で、ロングコースは内18人の参加。
市広報で募集したこともあり、新入会が4名ありました。これで会員は136名となりました。
s-b-4.17探梅2

堺野ため池では両コースがすれ違う演出もあり、檄を飛ばし合い。
フラワーセンターは「北限の梅まつり」が開かれておりましたが、今年はすでに満開を越えており、桜まつりに客足を取られているのでしょう、我々の他はポツリと訪れていた程度、その分地元の母さんたちの食堂に歓迎を受けました。せっかくでしたので持参したおにぎりに「梵珠そば」の昼食。
小学生の時に宿泊した「少年自然の家」が隣にあることをみつけ感激、山手に入ると木々のきれいなすばらしい散策コースだと聞き、またまた新たな発見。
s-b-4.17探梅

途中激しい風雨にあたりましたが、ゴールした頃は濡れた服もすっかり乾ききって、すでに到着していたショートコースの歓迎で無事全員ゴール2時45分頃?
希望者で反省会。これがこの会の栄養剤。お酒呑めない私は、呑まない言分けを繰り返し、それでもあっという間に時間は過ぎ、のん兵衛の人は残して帰宅となります。お疲れ様でした。
新入会員のサポートは心使いが肝心。不安を感じる言葉は充分注意が必要です。

2008.04.26 指導員講習会
日本ウォーキング協会の指導員講習会が青森市文化会館で開かれました。
指導員といっても段階があって、今日の受講は第1段階でウォーキングリーダーと呼ばれるもの。
青森県での開催は初とあって、県外からも含め25名が参加。
医師などを講師に5講義、実技を含め1日びっちり学びました。
我が歩こう会の会長も「歩く喜び、歩く楽しみ」という講演をし、ウォーキングとの出会いや、現在の活動について参加者から笑いを取りながら話してくれました。
s-b-指導者講習2

大会実習は5月10日で、指導員の認定を受けると県協会の構成員としてウォーキングの普及活動に参加し、大会や催しのお手伝いすることとなります。
最近志向者が急速に増加していることから、早速なにかのかたちでお役に立てるでしょう。

今日学んだ中で、私は自分の子供にも当てはまる「歩育」が興味の深いところです。

s-b-指導者講習4

2008.04.25 梨の花
太宰治は『津軽』で「津軽では、梅、桃、桜、林檎、梨、すもも、一度にこの頃、花が咲く」と書いてあります。(その3)
我が家の裏庭、さくらんぼに続き梨の花が咲いています。
s-b-梨20

プルーンは葉が芽吹いてきました。
桃の木は確認できませんが、60年前と変わりないことにホッとします。

芦野公園のさくらは、国道、線路沿いは見事な満開。桜のトンネルはこれからが見頃です。

2008.04.24 黒にんにく
私が酒を呑んでいないのを心配して、黒にんにくをいただきました。
特定の病気に効くということでなく免疫をつけるためとのことで勧めです。そのとおり、健康、体力こそ病気予防の基本でしょうから。
私はにんにく料理はすすんでは食べませんが、風邪をひいたときにんにくをレンジで加熱して食べるのが処置方で、絶やさず家には干してありますから、その効果は承知のつもりです。
s-b-黒にんにく

この黒にんにくは、見た目は黒くドライプルーンのようで、1片食べると、やわらかく、臭いは思ったよりあり残りそうな感じがします。口に入れた時の酸味はきつく、甘みがはっきり出ていますが、生にんにくのようなフルーツ感と感じの良い甘味ではありませんが、食べやすくはかなりなっています。食べた後はにんにく同様体がジワジワほてります。効きそうですよ。

2008.04.24 桜桃
太宰治は『津軽』で「津軽では、梅、桃、桜、林檎、梨、すもも、一度にこの頃、花が咲く」と書いてあります。(その2)
家の裏のさくらんぼの花が咲いておりました。
s-b-桜桃20

梨の花もそろそろのようです。

芦野公園は、外周は見事な咲き具合となっております。桜のトンネルはこれからが見頃です。
2008.04.23 梅酒のつづき
ついでではないですが、この地域は梅の栽培生産者で生産組合も組織され、その梅を加工した飲料水「うめロマン」が特産品としてあるほどです。

県ホームページからどうぞ
県ホームページ

私のお気に入りは、梅を搾った果汁の「そのまんま梅搾り」です。
8877008.jpg

そのまんまとは、そのまま飲料するのではなく、梅の搾り果汁をそのまま詰めたということだそうで、酸味は強烈で、水かスポーツドリンクに1、2割程度足して飲用が私の使い方です。
2008.04.22 梅酒の仕込

8年前から毎年自家栽培の梅で仕込む梅酒づくりをしています。
毎回材料の酒、砂糖の量を替えいるという凝りようで、というか定めれないというか。
昨年の仕込みは糖度が低いためなのか、梅がなかなかしぼまらない為に今まで漬け込み続けておりましたが、9ヶ月程で実あげしました。いつもは3ヶ月を目安。
瓶に入らなかった分は実入りのままで詰め替え。
出来の良いと聞いた「いも焼酎」をベースにしたため、かなりお気に入りです。
私は酒はダメですから、今回は試飲なしでの実揚げとなってしまいました。
s-b-梅酒2

香りは芋と調和しています。

仕込日 2007.7.3
豊後梅 2kg(自家)
いも焼酎 1升 (蔵生粋40.7度)
氷砂糖 700g+100g(9月追加)
梅実揚げ 2008.4.22(1瓶は実入りのまま)
s-b-梅酒

梅は十数年前に植えた3本の「豊後梅」なのですか、ウサギの食害などにより昨年植替え、その苗木はまだ幼木です。他に10年に満たない「南高梅」が2本実を付けますが、気候のせいか花は見事に咲くのですか、果実は今のところ数粒しか付けないため、今年は自家栽培の梅酒は微妙なところ。現在、豊後梅は満開に咲いているところですが、南高梅はまだつぼみで開花待ちです。
昨日の歩こう会例会、帰りのバスの中で臨席したOさんの逸話。
7年前定年退職の春、東京から青森まで歩いたとのことです。寝泊りのテントを含めた持ち物は通常のリュックに入る程度だけ。夜行で上京し740kmほどの国道4号を、15日間かけ無事自宅に着いたとのことです。その時の苦労話は風呂が不便で股ずれなどの処置が大変だったいう体の痛い話でしたが、それに関わった人生観を熱弁して頂けました。今日はだいぶお酔いのようですよ。現役からの夢を退職後すぐに実行された行動力には感心します。相変わらずの健脚は、離れて見るとますます力強さが感じられるウォークです。